2013年5月26日 (日)

S.H.Figuarts 仮面ライダー旧1号 (完成)

というわけで
旧1号の仕上げのため、つや消しクリアーを買いに行ったわけですが
その帰りに立ち寄ったハードオフで…

   
   
     !?

 


ひゃっほーう! 完全品ですよ! 完全品! ヾ(o゚ω゚o)ノ゙  ふたつで2100円!

箱が物凄くボロビロですけど、中身は超おっけー!!!
まあ、ガードチェイサーのシートの塗装が塩ビ人形と癒着して剥がれてたけど…

来週いろいろ弄ろう (*´ω`*)


これを予見していたのか!?
figma 要潤は予約開始と同時に注文済みさっ!

 


そんなこんなで出来ましたー!

ベルト位置を下げて、“腹巻きっぽさ” を解消してみました

ベルトの内側を出来るだけ削って、無理矢理に腰にはめ込んで瞬着で固定
よく見ないとわからない程度ですが、塗装ひびが入って逆にリアルに(笑)

うーん カコイイ! ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

S.H.Figuarts 仮面ライダー旧1号 (ナンチャッテ)

S.H.Figuarts の仮面ライダーシリーズは、ちょっと前までは
「龍騎」 「王蛇」 「ダブル(とハードボイルダー) しか持ってなかったのですが、
少し前に知人から 「ジョーカー」 「スカル」 をいただいて以来、
なんか集め始めてしまってます…

 

お久しぶりです
死んじゃったかと思われそうなので、たまには更新してみます (`・ω・´)ノ

 

というわけで今度、S.H.Figuarts で、
待ちに待った 「旧1号」 が出るらしいんですよ!!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

 

   …と喜んだ次の瞬間だった!

 

    !?



アレー? こんな 「Mr.マスキング・ゾルNEO(ゴム系)」 みたいな色は違う…
と、私の脳内イメージがこの色を拒絶してしまいました… (´;ω;`)

 

 
というわけで、比較的イメージの近い桜島1号 をリペイントして
自分のイメージする旧1号を作ってみました!

ちなみに桜島1号というのは 「仮面ライダー」 第40話・41話に登場する1号で、
ザックリ説明すると1~13話までの1号よりも緑&黒っぽくて目が赤いのが特徴

でも初登場は桜島じゃなくて霧島高原だった気が… と、いつも思います
確認するのも面倒なのでまあいいですけど…


そんな 「桜島1号」 をベースにこんな感じに↓


一応、私なりに 「実物はこんな色だったのかな?」 と想像して塗ってみました

実際のスーツは最初は緑だったのをメタリックまたはパールで追加塗装したらしく、
それが原因かどうかはわかりませんが、胸や手袋、ブーツ等の部分の色が、
日光下や強い光を受けた画像・映像は青っぽかったり、白っぽく見えたり、
光の弱い場所ではやや緑っぽく見えたり、暗い場所では黒っぽく見えたりしています
(単純に現像のせいだったり、補修塗装のせいだったりなのかもしれませんが…)


なので、その逸話にならい 「桜島1号」 の暗緑色を下地としてそのまま生かして
メタリックとパールを重ねていきました

ちなみにアップで撮っているので粒子が強調されてやや粗く見えますが、
実物ではそこまで粗くは見えないので個人的には気になりません

光の当たり具合で青く見えたり緑に見えたりします

 

使用した色のレシピは…

 ①タミヤのライトガンメタル
 ②Mr.クリスタルカラーのサファイアブルー
 ③タミヤのピンク
 ④Mr.カラーのモンザレッド

以上です

ぶっちゃけ、このために揃えたわけじゃなく、単に手元にあった色ですが…


 目 : クリアーレッドをシンナーで除去(綿棒や爪楊枝を駆使して慎重に丁寧に)
 複眼 : 頭部を死ぬ思いで分解して、ピンクを塗りました (分解はお勧めできません)
       写真によく見られるオレンジっぽいピンクにしようかとも思いましたが…
       あれは透明FRP(?)の黄ばみ変色なんですかね?
 ヘルメット : サファイアブルーをブラシで深い青に見えるまで適度にかぶせました
 クラッシャー : 下地の緑が消える寸前ぐらいまでライトガンメタを吹きました
 胸・手・足など : 下地の緑がややグレーに見えてくるぐらいまでガンメタを吹いて、
             その上からサファイアブルーを吹きました
 ベルトのポッチ : 爪楊枝でモンザレッドをちょちょいと乗せました


ね? 簡単でしょ?  ……頭の分解以外は! ヽ(`Д´)ノ

頭は接着されていて分解がかなり困難なうえに、
アンテナを破損しないように分解や作業するのが困難…

いやはや、大変な箇所でした…(´・ω・`)

 

やや艶がありすぎるので、このあとフラットクリアーを吹いたりする予定です
というか、明日買ってこよう…

あと、ベルト位置が高いので明日にでも直します…
 

さて、今度は 「旧サイクロン号」 が楽しみ! ヾ(o゚ω゚o)ノ゙  ←予約済み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

トランスフォーマープライム サンダートロン

"the mightiest freebooter on the spaceways"

TRANSFOMERS:PRIME RID
レビュー;
スターシーカー サンダートロン/Star Seeker Thundertron


オートボットでもディセプティコンでもない勢力、スターシーカー・・・
サイバートロニアンへの憎悪、復讐心で残虐な破壊を行う海賊・・・らしいです
よくわかりません・・・(´・ω・`)

そのリーダーがサンダートロン
とりあえずカッコイイからポチッた! (´・ω・`)ノ

アニメには登場しないキャラクターで、日本では現状で発売の予定は無いみたいですが、
日本では武器オミットの代わりにアームズマイクロンを付属させた
色替えの別キャラクター 「レオプライム」 として発売されます


ちなみに先週の日曜日に注文したら木曜の朝に届いた! すげえAmazon!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙
送料込みでJPY 4,354だったので、輸入トイショップで買うよりは断然安いです

 


胸にライオンの顔があるというヒロイックなデザイン! 悪者(?)ですけど!
そこにシビれる!あこがれるゥ!



背面等、見えづらい部分は 肉抜き穴のオンパレードですが、
上手くデザインにマッチさせているタイプで、ほとんど気になりませんね
グッジョブ!(`・ω・´)b



可動もそれなりに広く、特に脚は↑のようなしゃがみポーズも可能
でも下手にポーズ付けるより、仁王立ちにしたほうがカッコイイと思う!  個人的に。



スターシーカーズのエンブレム
デザインにオートボットやディセプティコンとの共通点があるのが興味深いです

・・・んで、画像では判りづらいかと思いますが、指紋がクッキリ .゚・(つД`゜)・゜.



顔・・・ いかにも海賊のキャプテンというか船長っぽい髭がステキ!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

・・・ですが、エリ周りの造形で隠れてしまい、ドジョウ髭っぽく見えるアル!
ジャンキオンみたいアル! レックガーみたいアル!(´┏∀┓`)

集光ギミックはありません
無いのか、塗りつぶしてるのかは分解してみないとわかりませんが・・・



付属武器のクロウ(カギ爪)・・・
このシリーズ(パワーライザー)に付属する発行ギミック付きのもので、
カギ爪の後ろにあるパーツを倒すと剣が飛び出る仕組み・・・

・・・はいいのですが! ツッコミどころが満載(笑)

 ●剣が飛び出すカギ爪といわれても、もうすでに通常状態で剣にしか見えない・・・
 ●ギミック用のパーツは電池が入っているのでものすごい 「箱」 感・・・
 ●バネの力で剣が出るのはいいけど、その状態で固定できない・・・
  てゆか、メックテックか!? Σ(゜Д ゜;)
 ●厚みがあるので、装着すると肘からカギ爪が生えているようにしか見えない・・・
 ●そもそもLEDの光がクリアパーツまで行き渡らない・・・ ショボ!

海外のレビュー動画でも外人さんの苦笑やオォゥ…が聞けます(笑)
主に固定できないという点で。

上の画像では輪ゴム(緑色のやつ)で固定していますが、
これについては遊んでいる最中に固定方法を発見したので後述します


で、カギ爪といえば・・・


実は右脚は義足で、足が外れて・・・


このように装着できます!(`・ω・´)ノ
ピンの位置も後方で厚みも少ないので、前述のメックテック(笑)とは違い、
ちゃんと手の甲に装備しているように見えます

で、このカギ爪を使って・・・


お!? 固定できた!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


肘につけるも良し


手に持たせるも良し

どっちにしてもごつい武器ですわ・・・   普通の海賊刀が欲しいよ!ヽ(`Д´)ノ

 

ビーストモード

ライオンに変形します
Z○IDSっぽいが気にしない! なんとかライガーっぽいが気にしない!

見た目はカッチリしていますが、
可動は今までの多くの四脚ネコ科ビースト同様、あまり動きません



変形は腕(前肢)に少しクセがありますが、結構単純なので慣れれば簡単です

注意点は 「ロボットモードの首が取れやすい」 ・・・
そして外れやすいくせにハメづらいです
『もう少し上を向かないかな?』 なんて、ちょっと力を入れすぎるとあとで難儀します

外れた際は棒かなにかを腹部から挿しこみ、首台座を下から押さえつつ首を取り付けるか、
分解して組みなおすぐらいしか方法が無さそうです



ちなみに武器は背負わせられますが、かっこよくはないです


 
日本版の 「レオプライム」 はライオコンボイカラーでヒロイック度もアップし、
“アノ武器” も扱いやすいアームズマイクロンに変更されているので、
結構おススメかもです!(`・ω・´)ノ


サンダートロンはコンセプトアート?(線画)がカッコよすぎて死ぬので、
あんな風に見えるよう手を入れたいと思っています


            そんなヒマないけど・・・ (´・ω・`)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

ミュータントビーストウォーズ アイスバード

ダーウィンが来た! 「シロフクロウ一家 北極圏の大冒険!」
 

レビュー


ちなみに 「ハリー・ポッター」 は眼鏡がハリーで
ヒロインっぽいのがハーマイオニーって以外は1mmも判りません・・・ てへぺろ。


ミュータントビーストウォーズ/Mutant Beast Wars

ミュータント 司令官 アイスバード/Mutants Commander Icebird


メガトロンはアイスバードにオプティマスプライマルと似たものを感じうんちゃらかんちゃら・・・
というようなストーリー付け (ちなみに私は読んだことがないのですが・・・) はありますが、
映像作品には出てこない玩具展開キャラクターでコミックス等に登場、玩具も日本未発売

・・・というか、元々アニモーフという別作品の玩具シリーズとして予定されていた商品
金型を一部改修してビーストウォーズっぽくした流用商品です

 

ビースト形態はシロフクロウ・・・?  ホホゥ!

頭上のアホ毛を押すとくちばしが動くという謎ギミック

ただし、頭の位置を上手く変形させていないと
かみ合わなくて動かないこともあります

 

もうひとつビースト形態はホッキョクグマ・・・?  クマー!

フクロウの時もそうなのですが、爪が血塗られていて怖い(笑)
グル~ミ~?


口が可動します

あと、お尻から出ているのはフクロウのくちばしよ!
う○ちじゃないのよ!


そして・・・

クマの頭を収納しつつ、背中からロボット形態の頭が・・・

ついでに説明すると、肩のエンブレムあたりが開いてメカが見えます

ロボットフェイス・・・ 怖いです
ですが、いかにもビースト戦士っぽい面構えです

とはいえ、このギミックは前述のアニモーフ玩具のギミックの流用で
本来は人間の頭部の造形物が載っかる予定だったことは容易に想像できます


というわけで、アイスバードでした!  クマー!
NHKスペシャル フローズンプラネット

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年8月26日 (日)

ジェネレーションズ FOC ショックウェーブ

レビュー


寝込んでいたら、昼ごろに ゆずねぇ・・・ エアラクニッド が届いたっシャ!

とりあえずすぐに出して遊んだのですが若干物足りなかったので、
玄関に積んである荷物をもうひとつ開封してみることに・・・


一番目に付いたのが海外小包・・・

 

Generations Transformers: Fall of Cybertron

ショックウェーブ/Shockwave

「Fall of Cybertron」 はビデオゲーム作品で、それに登場するショックウェーブです
前回の「War for Cybertron」 の玩具同様、ジェネレーションズラインでの商品化
日本では今のところ未発売です

ちなみにこの荷物、 「オプティマス」 と 「ジャズ」 も同梱で届いています

 

ちょっとスマートすぎる気もしますが・・・ まさにショックウェーブ!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

初代から続くイメージを継承していて、どこから見てもショックウェーブ!
というか、日本で言うと 「防衛参謀レーザーウェーブ」


初代と並べるとこんな感じ

ちょっとビックリしたのが、プラの成形色がものすごく酷似してます

ただシルエット的に大きく異なるのが・・・ 羽付いてます・・・

そういえば、プライムのサウンドウェーブも背中に羽がありますね
お揃い?(^^;

プライムといえば、今回のショックウェーブ・・・
日本では何故かプライムのラインで商品化が予定されています

プライムにはプライム版のデザインのショックウェーブが出てくるのですが、
これはプライム版商品が出ない・・・ もしくは、“日本では”発売されない・・・
・・・というフラグでしょうか?(゜д゜lll)

ちなみに日本ではアームズマイクロンシリーズでの商品化とのことで、
試作画像を見るとレーザーカノン部分が別物になっている様にも見えます
もしかしたらレーザーカノンパーツがマイクロンに置き換えられるのかも・・・?
 


可動範囲は普通に良く動きます

ただ、レーザーカノンが重過ぎてコケたりもします(笑)
まあ、上手くバランスをとればいいのですが・・・

レーザーカノンは説明書では手に持たせるような指示になっていますが

腕と一体化させた取り付け方も可能です

別に裏技でもなんでもなく、本来の付け方が記載されていないだけかと・・・
まあ、良くある事ですけどね!(^-^;

初代リスペクトなのか? フロントバレルを外した状態にも出来ます

 

ビークルモードは・・・ 一見は、なんでしょうねコレ?

Cybertronian mobile artillery・・・ 「機動大砲 セイバートロンモード」 らしいです


初代っぽく 「SF銃」 に・・・ ちょっと苦しいですか?

 

目の集光は抜群で、僅かな光でメッチャ光ります

 

追記:ビークルからロボットに変形させる際、頭部は胸を折り込むことによって
    自動で胸の奥から飛び出すんです! カッコイイ!(`・ω・´)ノ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月23日 (木)

カバヤ フォートレスマキシマス その②

前回の続き (`・ω・´)ノ


組みあがったので、付属シールを貼っていくわけですが・・・
              ↓

 

     ちょっと問題が!

 

フォートレス(セレブロス)の腕と脚に大きな肉抜き穴が!

いえ、サイズ的には小さいのですが、シールを貼る面積に対する比率が大きいので
貼ったあとに穴部分が凹みやしないか、やや不安になってしまいます…

右のパワーグライドもいい感じに肉抜き穴が目立ちます・・・


     というわけで・・・


パテで埋めました・・・

肉痩せも考慮して二日放置したあと表面を整えました・・・

そしてようやくシールを貼り貼りして・・・

完成です! ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


胸のモールドがシールで隠れるのは勿体無いので、
中心部はサイバトロンマークだけ残して、切り抜いて貼りました

目はシールの印刷余剰部分(?)を小さく切って貼ってます

端っこがすれて白くなっているのは、最終的に塗装段階でリタッチする予定


今回はそんな感じ! (`・ω・´)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月20日 (月)

カバヤ フォートレスマキシマス その①

メガトロンダークネス用の武器ということで、「あの」 アームズマイクロン×3 をご紹介・・・
・・・と思ったら、付属のシールが剥がれだしたのが先週の金曜日


シールの余白部分を利用して強化しようと思ったのですが、やっぱり剥がれる・・・
表面に離型剤でも残ってたのでしょうか? すぐ剥がれる・・・
特にカブトガニ・・・


仕方なく、これを解消できそうな秘密兵器をポチッたのですが、
昨日発送だったので受け取りは今週末かな?

 
 

        というわけで、代わりにこっちを・・・


カバヤ DXトランスフォーマーガム

サイバトロン ヘッドマスター総司令官 フォートレスマキシマス
/Autobot Headmaster Leader Fortress Maximus

28年続くトランスフォーマーガム史上、最大のオマケプラモが登場です!
もう手に入れられないんじゃないかと戦々恐々だったのでネット通販で入手!

    ・・・したものの、近所のダイエーに5セットも在庫有り!(笑)

というか、何日も売れてないように見えるのでワゴンセールにならないか戦々恐々!
ワゴンに行ったら、次回作の入荷が危ういもんね・・・(v_v;
(2012年8月20日現在)


商品は1個500円で、3種の基地を合体させるとフォートレスマキシマスの完成です


①コマンドベース+チャージャー/Command base + Windcharger

チャージャー付属
真ん中のスロープからの発進ギミックがあります


②ランチャーベース+フォートレス/Launcher base + Cerebros

フォートレス付属
シャフトギミックでカタバルトを回転させることが出来ます


③スカイベース+パワーグライド/Sky base + Powerglide

パワーグライド付属
スプリングによる発進ギミックがあります・・・ が! 発進というより 「ぶっ飛ばし」(笑)
発射後は 「かつてパワーグライドだった残骸」 が前方にバラ撒かれます!(゚Д゚;≡;゚д゚)

あと、今気付いたのですが、ネーミング・・・

   ひょっとして 「東京スカ○ツリー」 的なものにあやかってます?


んで、この3つを集めると・・・

全高は約180mm!
縮尺にすると 約1/16700スケール になるのでしょうか?
1/20000の 「バイラルジン」 や 「ブリタイ艦」 のプラモデルと並べられる勢い(笑)

オリジナル玩具のプロポーション、等身バランスを今風に焼きなおしています
近年のアレンジの中でもかなり良い部類に入ると思います

 

とりあえず、今回は仮組みまでです


というわけで、これに手を入れていく経緯を何回かに小分けしつつ
記事の水増しを謀ろうというわけですぜ! (`・ω・´)ノ では次回!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月17日 (金)

トランスフォーマープライム メガトロン ダークネス

野原ひろし レヴュー というか 塗装例というか
「ダァーッ! ひろし じゃねぇよ!」 (笑)

 

やっと出ました! ちょっと大きいメガトロン様!!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙
先月下旬に発売されました!


今まで日本で出ていた商品はライバルであるオプティマスと比べるとニ回り小さく・・・

     対峙させられないよぅ・・・ (´・ω・`) ・・・って感じでした!


今回の商品は、 「あぁ、この大きさのメガ様・・・ 日本でも発売して~!!」
・・・と、いつもアメトイショップで指を咥えて見ていたヴォイジャー級の日本発売版です!

ちなみにショップで海外版を買わなかったのは、


     きっと日本版はメタリックっぽいカラーになるに違いない!


・・・と予測できていたからで、実際に後日発表された商品はメッキとメタリック成形色!


つまり

226726_m
      ↑
海外版のこれが   日本ではこうなっちゃう
                ↓
51rn1xuc4ul

ヾ(o゚ω゚o)ノ゙  ひゃっほぅ

・・・・・・・・・と喜んでいたのですが、実際発売されると

あれ? 上腕や腹部や太腿のやや濃いグレーの部分がむしろ真っ黒! (゜Д ゜;)
おかげで、メッキシルバー部分が引き立ちすぎて真っ白に見えるよぅ・・・!


     というわけで・・・


トランスフォーマープライム/Transformers: Prime

ディセプティコン 破壊大帝 メガトロン ダークネス
/Decepticon Leader Megatron


光りすぎているメッキを落として、頭と胸はややツヤを押さえたシルバーで再塗装してみました
また、配色バランスが悪いので、パンツ(?)部分にもシルバーを追加


劇中色に似せるには、ほぼ全体をメタリックグレイで塗っちゃえばいいのですが、
せっかく “ダークネス” なので、黒っぽい成形部分も一部活かしてみました・・・

もちろん、ダークエネルゴンっぽい透明ムラサキな部分もそのまま
肩も下腕やスネの色と同じ成形色だったので、バランス的にそのまま残しました

       面倒だったわけじゃないヨ! (((;´Д`)ノ彡

ちなみに海外版では電飾ギミックがあったのですが、
例によって日本版でおなじみのアームズマイクロンをくっつけた商品展開 

各部に透明パーツがいっぱいあるのはその名残です


う~ん カッコイイ! 大満足!

 

いちおう瞳(白目)のディテールもあるので、白で追加塗装したのですが、
集光ギミックで光らせるとほとんどムラサキになっちゃいます・・・ (^ω^; あれー?

眼の付いている角度が獣のようにやや横側なせいか、
どの角度から見ても・・・ 特に見下ろされているような角度から見ると
ジッと睨まれてるっぽく見えます・・・ (´Д`;) 初代ゴジラっぽい・・・?


ちなみに軍団エンブレムはその辺に余ってたやつを適当に・・・
実写版のエンブレムだけど気ニスンナ!(`・ω・´)ノ

 

個体差なのか判りませんが、股関節が弱く、特に右脚がすぐにへにょったので
かなり以前にご紹介したアクリルコートを施し、しっかり立つようにしてあります

瞬間接着剤を使った関節強化と比べても、
数百円で超安価&付属のハケで塗るだけの超お手軽&乾燥も数分間放置するだけですし、
油断してうっかり固定してしまった! ・・・なんてことも起こらないのでマジおすすめです!

 

アームズマイクロン ゴラII

腕のキャノン砲(フュージョンキャノン?)に変形するゴリラ型マイクロン
シールを全部貼るとうるさかったので、銃口まわりだけにしました

 

アームズマイクロン ハデス

翼や武器に変形するコウモリ型マイクロン ・・・というかデカッ! マイクロンっぽくない!
こちらも彫刻模様みたいなのは似合わないと思い、シールは眼だけにしてます

んで、通常は3体のマイクロンが合体してコンボが発生し、強力な武器になる・・・
という設定ですが、このハデス・・・ エネルゴンクリスタルを1体で3個を有していて、
この1体だけでコンボが発生・・・

巨大な鎌=メテオサイズに変形します


うん・・・ 強そうな武器です・・・


      ・・・が!


縦方向から見ると太いなあ・・・ (^ω^; うん、この人は翼に徹してもらおう!


というわけで、翼=ビッグウイング

ただ、個体差なのかもしれませんが少し問題があって・・・
メガトロン本体側の接続ジョイントが少し緩くて、気がつくと下がっています・・・(左)

なので、本体側の “ガワ” を引っ掛ける感じで固定しています・・・(右)


 

というわけで、せっかくの鎌が私の好みに合わなかったので
一昨日、池袋を徘徊したついでに強力そうないい武器をヤマダで買ってきたよ! ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

     ですが・・・
     撮影中にシールが剥がれてきたので修復中・・・ ご紹介は次の機会に・・・

てゆか、今回ビークルモードの画像も撮ってないや・・・ (´・ω・`)ゞ これも次に・・・

 
 

ともあれ、

オプと並べても違和感ないメガ様 ひゃっほぅ!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

 

追伸:肉眼で見るぶんには全然大丈夫なんですが、撮影した画像を見ると塗装部分が
    必要以上に白く見えますね(笑) 正面からの照明のせいかと・・・ (^-^;
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

トランスフォーマープライム オートボットイーバック

 ↓ヘッドライトの位置を間違っていますが気にしないで・・・(´,,・ω・,,`)
EZコレクション レヴュー


    届かない!

    AM デセプティコンビーコンがまだ発送されない!

    おのれ! Amazon!  ヽ(`Д´)ノナンダヨー

 

1ヶ月チョイぶりの御無沙汰です・・・  生きてます・・・ 死んでないよー♪ ヾ(*・`∀・)


最近、仕事が忙しすぎてブログを書くのも億劫です・・・ そんな感じ
もう少しプライベートな時間が欲しい・・・
いや、あるんですが平日はガクリ、休日は体力回復に使って終わる感じ・・・


というわけで、EZコレクションのイーバック、
「プライム」 シリーズで出ましたが、どっちかというとムービーラインに近いのかな?

Transformers: The Ride
EZコレクション レヴュー
オートボット 輸送員 イーバック/Autobot Evac

従来のイーヴァックはヘリコプター型のTFというイメージがありましたが、
今回のは、ユニバーサルスタジオで稼動している実写映画を基にしたアトラクション、
「トランスフォーマー・ザ・ライド」 のお客さんが乗り込むTF (筐体) です

まあ実際のデザインと筐体デザインは大きく違いますが(笑)


ちなみに「トランスフォーマー・ザ・ライド」 はハリウッドとシンガポールのみ・・・・・・

日本でも導入してよ! ヽ(`Д´)ノウワァァァン


ロボットモード
EZコレクション レヴュー
めちゃ小さいのにモールドの密度が高くて、かっこいいです!

でも元デザインにはちょっと遠い気がします・・・
ビークル時の再現度は高いのに・・・(^_^;)

EZコレクション レヴュー
ブラスターはクリア成型で左右どちらの手にも持たせられます

EZコレクション レヴュー


EZコレクション レヴュー
可動は腕とフトモモと膝

EZコレクション レヴュー
腕はボール可動に加えて、変形機構を利用した若干の前後スィングが可能です


EZコレクション レヴュー
ビークル時はドアとボディ後部、それぞれ左右にブラスターを装着可能


↑は5cm(ビークル時)ぐらいの小サイズですが、デラックスクラスも存在し、
日本での発売は・・・ あるんでしたっけ? 調べるのも面倒だ・・・ まあいいや

今日届いたのはこれのみ・・・
たった382円のために梱包して発送って、Amazonも大変やね・・・

 

てゆかビーコン早く送れや! ヽ(`ロ´)ノ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月30日 (月)

トランスフォーマープライム サウンドウェーブ

レビュー 日本では AM サウンドウェーブ


トランスフォーマープライム/Transformers: Prime

ディセプティコン 情報参謀 サウンドウェーブ
/Decepticon Spymaster Soundwave

これはゾンビですか?オブ・ザ・デッド」 「さんかれあ と並ぶ三大ゾンビ作品として
現在絶賛放映中の 超ロボット生命体 トランスフォーマー プライム に登場する
サウンドウェーブの海外版トイです

・・・・・・・・・
「これゾン」 はゾンビなのか? 単なるアンデッドじゃないのか?
・・・という本編でも語りつくされたネタは端に置いておいてくださいねheart01


このトイ、日本でも先日発売されましたが、日本版は仕様が異なります

日本版は武器に変形するアームズマイクロン(以下AM)というTFが付属し、
更にこのAMをジョイントするディテールが両翼付け根あたりに追加された
AMシリーズとして発売されました

個人の好みによるとは思いますが、私はスッキリしたほうが好きなので、
この海外版を購入しました

送料込みで3000円ちょい・・・ 日本版の2倍ぐらいですが後悔はしてません(^^;


今までのサウンドウェーブのイメージに無い細身の身体・・・
ちょっと エヴァン○リオン っぽい体型?

本来の変形では、ヒザの曲げ方は鳥脚っぽい感じらしいですが、
そのような変形のままだと脚の自由度が低くなるのでオススメできません

まあ、鳥脚にしなくてもさほど自由度は高くありませんが・・・(^^;

その代わり、上半身は腰の回転や肩、腕の広い可動範囲で表情豊かに良く動きます
サウンドウェーブ本人は無表情で無口ですけどね

 

初代サウンドウェーブとの共通点は少なく、強いて言えば顔の意匠ぐらい?

ディセプティコンのエンブレムが初代サウンドウェーブからのデザインなら
今回のサウンドウェーブはエンブレムからデザインされた感じでしょうか?

 

こちらはデザイン上の共通点ではなく、機能上の共通点・・・

胸に格納されたブレード状の塊が分離→変形して・・・


コンドルさんに!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

ディセプティコン レーザービーク/Decepticon Mini-Cons Laserbeak

本編第3話でイキナリ大活躍してましたね!


手乗りコンドルさん!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

両手にある穴にジョイントできます・・・ あとお尻の穴にも(笑)

 

ビークルモードは無人航空機

MQ-1MQ-4MQ-9に似たシルエット


レーザービークは機体上部(ロボ形態のお尻の穴)に搭載する事も可能です

 
 
変形時に頭がバネで飛び出すギミックが小気味良くて
何度も遊んでしまいます・・・(^-^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧