« 緋弾のアリア 第1弾 La Bambina | トップページ | 独立愚連隊 »

2011年5月 7日 (土)

緋弾のアリア 第4弾 武偵殺し

さっき観た

いやぁ、面白かった!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


  バカ的な意味(褒め言葉)(笑)


ニ丁拳銃同士のゼロ距離銃撃戦(?)には腹がよじれた!! (≧∇≦)ノ彡
 


というわけで、リュパン(ルパン)4世こと、峰理子の所有する銃がワルサーP99

【ワルサーP99/Walther P99】
ワルサー社では初のポリマーフレームを採用した自動拳銃
後発であることから、競合他社には見られないメカニズムや人間工学に基づいたデザイン等
優れた面が多いのですが、既に市場は競合他社の製品に満たされてしまっていたため、
各国の軍や警察での採用は見送られていました
(既に若干旧式の部類に入りつつあったというのも理由のひとつ?)

一応ドイツが警察用ピストルとして認定したものの、殆ど使われてなかったのですが、
近年、ダブルアクションオンリーモデルがドイツの一部警察・政府機関で採用されたり、
ポーランド軍やポーランド警察の次期制式拳銃として採用発表されたりしています

現在のモデルでは内部機構や外観も変更されてます


私の所持しているのはマルゼン社がワルサー社と提携して日本市場向けのモデルとして
ライセンス生産している、いわゆる 『本物』 です

しかも3丁も持ってます(笑)

いやね・・・
モデルガン(玩具)ではなく本物 っていうステータスには勝てなかったよ・・・


ちなみに 『本物』 ってのは実銃って意味じゃないですよ?

先にも書いたように、
マルゼン社がワルサー社と契約を結び、提供された実銃の設計図から製作された、
6mmBB弾を装填・発射するガス式エアーソフトガンという
日本市場向けとしてライセンス製造・販売されているモデル・・・って意味です


それを示す刻印 "Licensed Trademark of Carl Walther GmbH Germany - JASG 6mm Maruzen"

そうなると 「MADE IN JAPAN」 の刻印も逆にかっこよく見えてきます!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

ちなみにアメリカにもこのようなモデル、「CP99」 というのがあるのですが、
ガス圧(威力)が強すぎて、日本では実銃扱いになり違法です
時々ヤフオクとかで見かけます・・・ くれぐれもご注意を・・・


私が所持しているのは 「初期生産版」 「後期生産版」 「コンパクト(P99c AS)」 の3丁で
特にこのシリアルナンバーのは宝物↓

ファイズ!(笑)


初期生産版と後期生産版の違いですが、改良によるマガジンの形状/性能の相違と、
手の大きさによって交換可能なグリップ後方に装着するバックストラップが
ワルサー社の本物(初期)から、マルゼン社のレプリカ(後期)に変わっています


ちなみに普段はタクティカルマウントベースにポイントサイトとライトを装備させてます
(フルサイズのほうのみ/2丁とも)


あと、本物のガンケースも2丁分所持しています

そのうち1つにはケース内に本物の部品・・・
といっても、コンパクト用のバックストラップとフロントサイトが入っていたためなのか、
米国ヤマト運輸では配送してもらえず、国際郵便で送ってもらったという逸話あり(笑)

他、工具やマニュアル、試射した際のターゲット(性能証明書?)も入ってました


 
フィクションでは先述の「緋弾のアリア」の峰・理子・リュパン4世の他、
「喰霊-零-」の観世トオル、「ルパン三世Y」のルパン三世、「NOIR」のミレイユ・ブーケ
「キディ・グレイド」のエクレール、「カウボーイビバップ」のジェット・ブラックらが使用

もっと有名なところでは「007」のジェームズボンド(ピアース・ブロスナン)ですか・・・

 

コンパクトに関してはまたいつか機会があれば・・・ (*´ω`*)

 


 
追記:
このところずいぶん更新が滞ってますけど、現在震災被害復旧中につき、
以前みたいな更新は今月中旬以降になるかと・・・ うん、たぶん・・・

 

|

« 緋弾のアリア 第1弾 La Bambina | トップページ | 独立愚連隊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28928/51600368

この記事へのトラックバック一覧です: 緋弾のアリア 第4弾 武偵殺し:

» ◎緋弾のアリア第4弾「武偵殺し」 [ぺろぺろキャンディー]
ギンジの兄はブテイで、人を助けて死んだ。そして、ブテイを止めることにする。おめかしした、アリアさんを町でみかける。ギンジは、アリアの後をつける。下手な尾行といわれる。そ... [続きを読む]

受信: 2011年9月 5日 (月) 10:37

« 緋弾のアリア 第1弾 La Bambina | トップページ | 独立愚連隊 »