« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月17日 (日)

緋弾のアリア 第1弾 La Bambina

くぎゅううううううううううううううう!!!!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


あんなちっこい子が45口径を2丁拳銃でバカスカ撃てるわけないだろうとか

野暮なことを言ってはいけません!

 


というわけで、コルト45口径

J・M・ブローニング氏によって設計され、改良を加えたものを1911年に米軍が制式採用、
その後、70年以上もの間、米国の制式軍用拳銃として広く愛されたコルト社の自動拳銃で、
様々なバリエーションの他、コルト社以外のライセンス製品やクローン、ガンスミスによる
カスタマイズ製品などが多数存在し、更にそれらのパーツの互換性も広いために、
数え切れないほどの種類が存在します
コルト社以外のものも含め、政府官給品 「=ガバメントモデル」 の名で親しまれています


コルト45は実銃を撃ったことがありますが、凄い反動で狙った的に中らない
そして銃を伝わる振動で手の平が痺れる(笑)
あぁ、こりゃアタシには無理だと思った瞬間でした・・・

ちなみに44マグナム(デザートイーグル)は論外
357マグナム(S&W モデル不明リボルバー)は(中るけど)手の平が痺れる(笑)

多分銃の種類にも因るんでしょうけど、
手の痺れを気にせずちゃんと中てる事が出来たのは
38口径リボルバーと、9mm自動拳銃だけでした

 

私の所持しているコルト45の中でもお気に入りはこれ

購入してから15~20年経ちますが、カスタマイズしすぎて愛着も一入です

MGCの 「コルト MK.IV/シリーズ'70」(GM5) ヘビーウェイトモデルを
マットブラックに黒染めしたものをベースにカスタマイズし続けて
数年前にこの形に落ち着きました

モチーフは以前ネットで見たどなたかのカスタマイズ品
ヒーロー的なものではなく、チョイ悪的な感じに惚れて目指したのが始まり

カート装填時で重量は1000gで、ノーマル時の実銃に近い重さになってます


ハンマー、トリガー、グリップセフティーを交換してますが
グリップセフティーをオフィサーズのものに交換した以外は、
何と交換したのかは全然憶えてません・・・(^ω^;ゞ


グリップはコルト社純正のものですが、グリップ下にウェイトを入れたら
装着できなくなったので、前面カバー部分をぶった切って使ってます
(メダルはモデルガンのものを使ってます)

その後、マグウェルを装備するのですが、
グリップウェイトはこの際にマグウェル付属の専用のものに交換してます
こちらのウェイトはやや薄かったので、もしかしたらぶった切る必要は無かったかも?

というわけで・・・
暗い場所や、咄嗟の時など、マガジンを挿入しやすいようにマグウェルを装備
・・・ってそんな状況はどんな状況なんだというツッコミはしないでね♪

マガジンはアクションによる傷付きで錆びるのが嫌なので、
ウィルソン用のステンレスマガジンに交換

ガンガン遊んでるので、マグウェルはボロボロ(笑)
いい感じにリアルな使用感が出てます


バレルはニッケルシルバーのものに換装してます

画像では見づらいですけど、「-COLT 45 AUTO-」 と刻印されてます


 
ちなみに今回撮影に使ったダミーカートは、このマガジンに装填できません

1発目は入りますが、2発目は長くて納まらないのです・・・ (^_^; まさにダミー・・・


 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月16日 (土)

これから30分、あなたの目はあなたの身体を離れ、この不思議な時間の中に入って行くのです・・・

震災被害を片付ける気力も起きなくてダラダラと日々を送ってるわけですが
最近本業も忙しすぎて、まったくと言っていいほどまともな更新をしてませんね


・・・というわけで、本業の話

総天然色ウルトラQ』 のプレス発表会に行ってきました

「プレゼン」 → 「プレス撮影」 → 「第1話試写」 の順で行われたわけですが


  んで、第1話 「ゴメスを倒せ!」  感想・・・


凄い!

 

まるで最初からカラーフィルムで撮影したような感じ!
ゴメスの毛の1本まで見える感じ!

「ウルトラQ」 は元々35mmで撮影していたのでHD化が可能だったとの事
(普通のTVドラマは通常16mm)

恐るべし! 現代のテクノロジー!!

 

あと・・・ 

  試写の時、私のすぐ前の席に座ったのが佐原健二氏っ!!


ヾ(o゚ω゚o)ノ゙  ひゃあ!?

 
ちょうど先週、溜まってたディアゴスの隔週刊DVDで、佐原氏も出演している
「ゴジラの息子」「ゴジラvsメカゴジラ」「ゴジラvsスペースゴジラ」
観たばっかりだったので、ちょっと感動してしまいましたよぅ!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

花咲くいろは 第2話 復讐するは、まかないにあり

時間移動に気付かず録画失敗(MX)

気付いたときにはテレ玉放映終了・・・orz


もう観る気が失せた・・・(´;ω;`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

Dororonえん魔くん メ~ラめら 一炎 昭和だ!えん魔だ!妖怪集合!

個人的に暫定今期ナンバーワン!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


この規制の多いご時世に、OPで既に 雪子姫の裸が満載 とか

チャレンジャーすぎだ!(笑)


というか、えらくロリ化 能登かわいいよ能登 (*´ω`*)


カパエルもオッサン臭が無くなってマスコットキャラ化?
てゆか、カパエルは子安さんかよっ!


   ゲスト妖怪に石丸博也氏とか無駄遣いにも程がある!

 

絵的には今風な感じを混ぜ込みつつも永井豪テイスト
最近のマジンガーやゲッターっぽい感じ

キャラ設定は旧アニメというよりも漫画版寄り?

時代設定は1970年代で背景的な描写はもちろん、
当時の流行り言葉がくどいほどに詰め込まれてて、若い人には判らないかもですね(^^

ふりむ~かないで~♪ ってエメロンのCMとか
挿入歌に 「老人と子供のポルカ」 とか、なんだこれ・・・(^^;


土曜の夜は・・・

 「スペクトルマン」 → 「お笑い頭の体操」 → 「8時だョ!全員集合」 → 「キイハンター」

・・・というコンボだった私たちの世代の胸に直撃よっ!


  ・・・と言いたいところですが、クドすぎで赤面しそうです(褒め言葉)


そういう部分を差し引いても、
今の人にも受け入れ易いドタバタアクションコメディ萌えアニメでしたわ(笑)

次回も楽しみ~ (^ω^*

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月 7日 (木)

でかいっ!?

あー あー あー あー (´;ω;`)

 

さっき台座の上でポーズをとらせたMPコンボイがイキナリ倒れた・・・


   マイスター : 「あれは司令官だ! やられたんだ!」
   プロール : 「落ちてくるぅ!」

   コンボイ : 「うおおああああーーーーっ!!」


・・・そんな感じ?(´;ω;`)


よかった! 台座は無事だ!
言われないと判らないぐらいの薄い傷がついてるけど!


時間も長かったなぁ・・・ ((((´;ω;`))))

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »