« Consistency is victory. | トップページ | 言葉の意味は分からんがなんだか凄い地震だ »

2011年3月 8日 (火)

時に、西暦2199年・・・

 
地域限定

食べ比べ・・・

といってもいっぺんに開封すると食べきれないので
数日に分けて食べてみた

こんぶしょうゆ > 関西だしじょうゆ > 九州しょうゆ


まあそれはさておき


先々月、ヤマト 観に行きました

イロモノ的なものを半分覚悟してたのですが、すっげー面白かった ヾ(o゚ω゚o)ノ゙
ヤマト世代のハートを直撃! 復活篇なんかより全然ヤマト!

デスラーが伊武雅刀って以外、ぜんぜん情報を入れてなかったので
アナライザーとスターシャ(仮称)は 「おぉっ!?」 と鳥肌が・・・(笑)


アニメの名場面そのままの映像化は感動する反面、笑いがこみ上げます
山本が敬礼しながら画面奥で散華するシーンとか・・・

序盤に 「第三艦橋配属です!」 という死亡フラグキャラ登場とかも
下手に元作品を知ってると笑いそうになりますよ

実際、館内で笑いをこらえきれない気配が方々から・・・(笑)


内容はアニメ同様、
ガミラスの戦略が回りくどい!とか、波動エンジンの開発早っ!とか、
イスカンダルまで数日しか掛かってないんじゃね?とか、
あの押し寄せるガミラス兵の大軍団を負傷した加藤が1人で全滅させたの?とか・・・
そして・・・ “必ず、生きて還る。” ―― (´・ω・`;)はぁ?  とか・・・!


   ツッコミどころは満載


まあヤマトだし!

・・・と私は許せましたが、一般の人はどう思ってるんだか心配(笑)

やりたいこと詰め込みすぎてテンポが早くなってしまって
2時間以上あるはずなのにダイジェスト版を見てる気分でした
ラストはすごくアッサリしてて若干ぽかーん・・・ へ?終わり? って感じでしたが、
所々に使用されてると聞いてたアニメ劇中楽曲は意外と頻繁に使われてて燃える!


映像的には(予告編でも使われてますが)ヤマト出現の際に艦橋の窓を落ちる
大和外装や泥があからさまにCGなのと、
最近のアニメで流行の画面ブレをやりたかったのかどうかはわかりませんが、
被写体に終始ピントがあってて、単に画面のフレームがブレてるだけに見えて
臨場感がやや落ちるシーンが数箇所あったぐらいで、
その他の部分は全体的にかなり頑張ってる感じでした

あと、柳葉敏郎の 「青野武が演じてる真田さん」 風な演技が爆笑


はやく映像ソフト化して欲しいです!(`・ω・´)ノ


 

特撮邦画といえば・・・

去年末、電人ザボーガー の関係者向けの試写に行ってきました

ザボーガー世代のハートを直撃!(笑)

あまり詳しくは書けませんが、
今世紀最大のエンターテイメントと言っても過言ではない!

  ・・・と言いたいぐらい大傑作(大怪作)に仕上がってます(^^


はやく映像ソフト化して欲しいです!ヽ(`Д´ミ`Д´)ノ彡  <<今秋劇場公開予定>>


  

|

« Consistency is victory. | トップページ | 言葉の意味は分からんがなんだか凄い地震だ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28928/51069865

この記事へのトラックバック一覧です: 時に、西暦2199年・・・:

« Consistency is victory. | トップページ | 言葉の意味は分からんがなんだか凄い地震だ »