« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

Enough talk. It's time for action!


    自転車買わないといけないので節約!節約!

    ・・・とかいいながら、一個つまんできたよ!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


トランスフォーマー アニメイテッド/Transformers: Animated

オートボット 高速戦闘員 バンブルビー/Autobot Speedster Bumblebee


EZコレクション(トレーディングフィギュア)です! 1個500円

       ちっこくてカワイイのぅ! (´∀`)


日本のはEZ版、海外のはレジェンド版って呼ばれます
まあ、基本的に同じものなんですけどね
サイズで分類する場合の呼び方は、概ねどちらもレジェンドクラスと呼ばれます
というか、大きさ分類なんて日本ではマニアしか使いませんけど・・・

日本ではトレーディングまたは限定品が主な販売形式(またはキャンペーン配布)ですが、
海外ではブリスターとかに入った商品として、普通にバラで売っています


今回は実写版4種とアニメイテッド4種の混成アソートで、
実写ジョルトか、実写アーシーか、アニメバンブルが欲しかったのです!(`・ω・´)ノ

 

日本未発売になっちゃったアクティベーター版との比較

あんなに可愛かったアクティベーター版がゴツく見えます
しかもEZ版のほうがプロポーションいいなぁ・・・(゚∀゚)

以前買ったレジェンド版プロールとの比較

劇中に近い良いサイズですね

プロールはビークルモードだとアクティベーター版と良いサイズなんですが
ロボットモードだとバンブルビーより小さくなってションボリなのである・・・

それにしても、今回プロールを引き当てなくてラッキーでした・・・ (^-^;


ビークルモード

フロントガラスの断面とヘッドライトに追加塗装すると更に良くなりそう



関節少ない割に、それなりですが良く動きます


左から、ミニボット初代(復刻版)、EZアニメイテッド、EZ実写

似たようなサイズで並べてみました(^^

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月28日 (水)

He who controls the flow of information controls the flow of battle.


"Rumble! Frenzy! Ravage! Laserbeak! Buzzsaw! Ratbat! ...destruct!!"



デストロン 情報参謀 サウンドウェーブ
/Decepticon Communications Soundwave

 

        ・・・・・・・・・・変なヤツ登場。(笑)

 
 

実はこれ、カセットプレイヤーなんです


フレンジー!ランブル!ジャガー!コンドル!バズソー!ラットバット! イジェークト!


海外で販売されたサウンドウェーブ型の実用カセットプレイヤー
日本では、サウンドウェーブ/フレンジー/グリムロックのセット商品の
プレゼント特典として、少数が出回ったレア商品です

当時のコンボイ、メガトロンをも凌ぐサウンドウェーブ人気が窺い知れます
まあ当時どころか、現在でも常にトップクラスの人気なんですけどね

そういえば、実写第1作直後に USA Today がネット上で行った
“実写第2作目に登場させたいトランスフォーマー投票” でも
デバステイターに競り勝ち、ナンバーワンの座を手に入れてましたね

 


右脚に電池ボックスがあり、単2電池3本で稼働します

左脚がスピーカーで、その横にボリュームダイヤル、
頭を押すとPLAY、左腕のボタンがSTOP、頭横のボタンが早送り(F.F.)、
そして左肩にはおなじみのEJECTボタン


当然、非変形なんですが、つま先をコンパクトにたたむ事が・・・

     

・・・出来るには出来るのですが、
右腕はこのポーズで固定なので、さほどコンパクトにはなりません・・・ (^_^;

     つまり、足の折り畳みの意味がありません(笑)

 

G1サウンドウェーブとの比較・・・ 

とにかくデカイ

G1サウンドウェーブ自体、TF玩具としてはゴツく見えるほうなんですが、
そんなものメじゃない感じ・・・( ̄▽ ̄;

 

そして、20年以上の時を経た同コンセプト商品

カセットテープからMP3(miniSDカード)のプレイヤーにエヴォリューション!
変形だけでなく、自然な関節可動もこなし、しかもコンパクトなものになるとは・・・


     まさに、技術の進化 ってわけですね!(゚∀゚)

 


************ コメントレス *************

>バランスがアニメイテッドサウンドウェーブに近いですね。
>アニメイテッドはこいつのリスペクトだったのかと思うくらい(^^ゞ


(; ・`д・´) !! (`・д´・ (`・д´・ ;) それだ!(笑)
確かにズングリ感というか縦横比が似てる気がしますね。

そういえば、日本版買わなきゃ・・・>アニメイテッドサウンドウェーブ


 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年4月27日 (火)

Weapons can win battles, but words can win wars.

 

バンブル&ミニボット というセット商品があります

2008年に発売された復刻版で、おなじみ情報員バンブル/Bumblebeeと、

   鉱石技師 ウェーブ/Swerve
   射撃員 アウトバック/Outback
   戦士 パイプス/Pipes
   偵察員 テイルゲイト/Tailgate

・・・の 「2010」 に登場するミニボットがセットになった商品です

1984年発売のバンブル以外は、1986年に発売されたミニボット組
全5商品の中の4商品なのですが・・・

 

      全5商品の中の残りの1商品というのが・・・


 
You can't tell an Autobot by its finish.

サイバトロン ミニボット 戦闘員 ハブキャップ
/Autobot Mini-Bots Communications Hubcap


  この人だけアニメ未登場だからでしょうか・・・
  見事にハブられました・・・ オオゥ。


ビークルモード

最高速度は、90mph=144km/h!!


  ・・・あれ?  ポルシェ924 の最高速度は200km/h超・・・   あれ?


・・・・・・・・・あぁ、もしかしてトヨタ設定か?


というわけで、ポルシェ924・・・ クリフのリデコ商品です

 

かわいそうなので、ウチではここが定位置 (^ω^
1986組


ちなみに二人います・・・
誤入手
何故二人もいるのかというのは、話すと長くなりますが、
まあ、どうでもいいことなので、もういいや・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

Whoooo, I'm freaking out!

 


トランスフォーマー アニメイテッド/Transformers: Animated

ディセプティコン トリプルチェンジャー 空陸参謀 ブリッツウイング
/Decepticon Triple Changer Berserker Blitzwing
 

 
 
海外ではバーサーカーという肩書きですが、
日本ではG1と同じ空陸参謀(Ground and Air Commando)です

まだ日本では第1話にチョットだけ出てきただけですが、
玩具CMでは早々に 『4幹部』 と呼ばれていますので、
これからの活躍を期待せざるを得ない? (日本オリジナル回があるのかも的な意味でも)

 

三重人格者で、冷静なIcy勇猛なHothead狂気のRandom
face-swapping
それぞれの性格によって違う顔を持っていますが、
トイではそのフェイスチェンジも再現してます

それぞれの人格によって、冷凍系、火炎系、冷凍or火炎のランダムの攻撃をします


G1ブリッツウイングのカラーが紫とサンドカラーだったので、
メタリックな追加塗装はG1っぽさが無くなって残念に思ってましたが、

実物を手にしたら、逆にこれはこれでカッコイイのでアリかと・・・

   ・・・塗装剥げが心配なだけで(^^;

 

ビークルモード その1  戦闘機

説明書では尾翼下の砲身を後方に向けた状態ですが、
前方を向くようにすると収まりがいいです


ビークルモード その2  戦車


なんか可愛らしい戦車ですねー ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


オープニングでの 戦闘機 → ミサイル一斉射撃 → ロボット → 戦車 → 砲撃 の、
一連のスピーディーな変形・戦闘シーンはシビれます!


各モードで付け忘れましたが、ミサイルは火炎系を思わせるオレンジ

 

飛行機系TFのオヤクソク、ガウォーク形態

G1スカイファイヤーに急迫するぐらい、違和感無いガウォークっぷり!(笑)


 


というわけで、アニメイテッド ブリッツウイングでしたー! (`・ω・´)ノシ

(CV:チョー)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

Looks are always deceiving.


      目の前で東洋人のカップルが買い占めてました・・・(v_v;

 

あの人達、以前アンコールのサンクラ&スカワの特価品を買い占めてた人かな?
・・・・・・転売かな? (´・ω・`)


トランスフォーマー アニメイテッド/Transformers: Animated

オートボット 情報操作員 アーシー/Autobot Intelligence Agent Arcee

 

というわけで、昨日はアニメイテッドの第2群の発売日

一番人気はこのアーシーだったみたいで、アーシーだけ棚がスカスカ!
残り2個だったので、ギリギリセーフだった感じ?


    もちろん買ったのは1個だけですよっ!? (`・ω・´;ノ マナーとして!


2008年にSDCCで新製品として発表されたものの、
その後のリベンジ展開の都合かなんか(詳細は不明)で発売中止になり、
今後、海外Toys"R"Us 限定だかなんだかの話があった気もしますが、
現在のところ、海外では未発売(だったと思う)です

今後発売の海外未発売組も気をつけとかないとだわ・・・

 

アーシーはウーマンサイバートロニアン

詳細はネタバレになるので書きませんが、ひょっとしたら来週のアニメで
出てくるかもしれませんし、出ないかもしれないですけど、
とにかく重要な役どころ(・・・になるはず)です

一応、扱いはゲストキャラですが、日本オリジナルのオープニングでは
バリバリ活躍してますので、同じくチョイ役だったくせにOPで活躍している
Ironhide(日本名未定)同様、日本放映版追加エピソードがあるのではとの噂


ちなみに声はあやひーとの噂 ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

 

ビークルモード

たぶん、公式にはビークルモードの絵は公開されていないような気がしますが、
このようなサイバートロニアンカーに変形


羽根を取り外し式にしてくれたのは嬉しい配慮で
このように劇中に近いシルエットにすることも可能
        ↓

それでもかなり設定と違うデザインになってるんですけどね・・・(^^;


あっちこっち干渉しますが、可動範囲は広いです

尚、剣は背部ユニットへの取り付けが一見ゆるいのですが、
思い切り差し込むと完全にロックできます

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月24日 (土)

どうかね、フグ田ッくん?

唐突に出てくるプロフェッサー・プリンセス


・・・・・・たぶん、イキナリすぎてみんなついていけない


トランスフォーマー アニメイテッド」 第4話 音波大作戦


> 次回はサウンドウェーブ登場の回!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

> 放映順番的には少し先の話を第4話に持ってきてるので、
> 自然に話が繋がるのか、ちょっとドキドキ


・・・と、先週書きましたが、全然不自然だ! (´;ω;`) まあ、それは千歩譲ろう・・・
先に他の犯罪者回を持ってきてもイキナリ登場だしな・・・


       言いたい事はただひとつ


サウンドウェーブがバラバラになったところで切っちゃったよ!?∑(゜Д゜ノ;)ノ


なぜそこでカットする!?


あれじゃ死んじゃったみたいじゃないですか!?
今日は玩具のサウンドウェーブの発売日ですよ!?


     販促的な意味で駄目じゃん!?(; ´Д⊂ヽ


・・・・・・ちなみに生きてますからね♪  d(。ゝω・´)
 
今回の場面写の最後にカセットプレイヤー形態での存命画像が掲載されてるって事は、
もしかして、DVDとかではテレビでカットされているシーンが入ってるとか? (゚∀゚?

 


あと、アイアンハイドがひとり寂しそうに琴を敲いてるシーンが
カットされたのは残念・・・
 
     販促的な意味で

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

Let's catch the bad guys!

オマワリ


       相変わらず、怖いんですけどっ!('A`)


1-2-3 Transformers
ロボット三等兵
ゴーボッツ ピート/Go-bots Policeman Pete


というわけで、以前紹介した日本版に続き、海外発売版を入手!(`・ω・´)ノ


背中

背中のトンカ社のロゴが素敵です ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

ちなみに権利表記刻印は、HASBROとTAKARAで、Tonkaの文字はありません

 

日本では、プレイスクール社のBig Adventures Transformersシリーズと、
トンカ社の1-2-3 Transformersシリーズを混ぜて、1つのシリーズとして展開

バック

プレイスクール社のトランスフォーマーは比較的無機質な物足りない顔をしてますが
トンカ社のトランスフォーマー(ゴーボッツ)の顔はこのような人間っぽいというか
少なくとも、このピートとロイ隊長に関しては・・・


        怖い。


というか、目力(めぢから)がありすぎなんですよ・・・(vv;

トンカ社の顔にプレイスクール社の目をつければ、
一般的な見慣れたトランスフォーマー顔になるかもしれませんね・・・(^^;


日本版のときも書きましたが、変形は 1-2-3 では済まず、
1-2-3-4-5-6-7 トランスフォーマー って感じで、
プレイスクール社のものと比べて手順が倍以上ありますが、
その難易度というよりも、指を挟みそうな危険度のほうが高いです

 

ビークルモード
パトカー

後ろ
車体後部のTonkaのロゴは、日本版ではPeatになり、
ドア横のPeteエンブレムの代わりにタンポ印刷のサイバトロンマークが付きます


音声ギミックは以下の台詞をランダム再生

【ビークルモード】
 "Buckle up. We're in pursuit!"
 "Let's go to robot mode!"
 サイレン音


【ロボットモード】

 "Let's go! 911!"
 "We'll protect, serve, and defend!"
 "We'll protect them from danger!"
 "You're a great back-up!"
 "Let's catch the bad guys!"
 "Hey, partner! We're on patrol!"
 "When there's danger, we'll help!"
 "Read 'em their rights, Chief!"


盾の持ち手の部分はバッジのピンになっていて、
実際に服の胸ポケット等に引っ掛けることが出来ます
バッチ

バッジを胸につけてブンドドするのが正しい遊び方かもしれません・・・ (^^


    "You're a great back-up!"
    「フッ・・・ 俺たちは二人で一人だろ?」


・・・とか、1人でブツブツと呟きながらブンドドゥ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月22日 (木)

Authority to arrest and execute.

 

e-HOBBY SHOP限定商品

デストロン カセットロン 秘密警察隊 コバルトセントリー 強制執行官 ハウルバック
/Decepticon Cassettes Secret Police Cobalt Sentries Enforcer Howlback


ガーボイルと同じく、ミクロチェンジシリーズ時代のカラーのジャガー型カセットロン
イメージが沸きませんが女性セイバートロニアンです


というわけで、カセットに変形

カセットテープ
・・・と、余剰パーツ (武器:マルチトラック・ミサイル)


デストロン秘密警察所属の、青い装甲を施したエリート兵士達からなる公安部隊
“コバルトセントリー” の一員。
彼女はセイバ-トロン星のデストロン支配領域や占領下の惑星において、暴徒鎮圧や
レジスタンスの摘発に手腕を振るい、また彼らの鋼鉄の秩序を乱す疑いのある住民を
無条件で逮捕し、任意に処刑する権限が与えられている。
優美な物腰と気品を備える一方、きわめて厳格で妥協を許さず、口答えする部下には
鋭い咆哮で一喝し、黙らせる。
戦闘時には、エネルギー兵器を吸収・変調し、敵に撃ち返す
フィードバッカー・シールドを使用する。

体力 ■■■■■
知力 ■■■■■■■■
速度 ■■■■■■
耐久 ■■■■■■■
地位 ■■■■■■■■
勇気 ■■■■■■■■■■
火力 ■■■■■■■
技能 ■■■■■■

 

ちなみにジャガーさんのスペック
 
体力 ■■■■■
知力 ■■■■■■■■
速度 ■■■■■
耐久 ■■■■■■
地位 ■■■■■■■
勇気 ■■■■
火力 ■■■■■■■
技能 ■■■■■■■■■■

若干負けてる・・・ (´・ω・`) 技能以外勝る部分が無い・・・
まあ、エリートと比べるのは酷というもの・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

Through fear, pain, and control of information.

 

e-HOBBY SHOP限定商品

デストロン カセットロン 秘密警察隊 コバルトセントリー 情報統制官 ガーボイル
/Decepticon Cassettes Secret Police Cobalt Sentries Information Control Garboil


青いボディのコンドル型カセットロン
ミクロチェンジシリーズ時代のカラーリングを再現した限定商品です


というわけで、カセットに変形

カセットテープ
・・・と、余剰パーツ (武器:フォノンメーザー)


デストロン秘密警察の公安部隊 “コバルトセントリー” の一員であるガーボイルは、
あらゆるデストロン兵士の個人情報に通じており、それぞれの思惑や遂行中の陰謀、
裏切り行為などをつぶさに監視している。
その成果を見定め、悪のエリートにふさわしいと評価した者を抜擢するのが、彼の役割である。
しかし、デストロン政権下の国々や惑星においては一切の反抗を許さず、恐怖と苦痛、
そして徹底した情報操作によって被支配民たちを抑圧する。
戦闘に際しては、発声器官からオーバーライド信号を含む指向性の大音響を浴びせかけ、
敵ロボットを恐慌状態に陥れることができる。

体力 ■■■■■
知力 ■■■■■■■■
速度 ■■■■■■■
耐久 ■■■■■■■■■
地位 ■■■■■■■■
勇気 ■■■■■■
火力 ■■■
技能 ■■■■■■■■■

 

関係ないですが、コンドルさんのアンコール版とコレクション版(たぶん)では
赤が微妙に違うんですね・・・

アンコール版のほうが少しオレンジっぽい・・・ 目も濃い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月20日 (火)

The mind is the greatest weapon.

Onslaught


      USAエディションの意味がいまだに判りませんが・・・

 

TRANSFORMERS USAエディション
MONZO12782
デストロン コンバットロン 攻撃参謀 オンスロート
/Decepticon Combaticons Combaticon Leader Onslaught


ジープ戦車ヘリスペースシャトル は合体しません 残念!

 

元々は、海外展開のTRANSFORMERS UNIVERSE CLASSIC シリーズですが、
変形!ヘンケイ!発売期にカラーリングを変更して日本展開されました

海外展開商品のものよりもアニメ劇中の色に近く、
言ってみれば、完全に日本限定の商品なのですが・・・


      なにゆえUSAエディション? (´・ω・`?


ウルトラサイズの大迫力サイズで、攻撃音やサイレンの電子音が鳴ったり、
警告灯や機銃基部、頭部(バイザー)が光ったり、ギミック満載です


ちなみに我が家では脳内補完でヘケヘケブルーティカス

 

ビークルモードは戦闘装甲車
SWAT


「MONZO12782」 の意味はググってください


凶悪
前方のクローは展開可能、上部砲塔は旋回可能

シールドを左腕に装着可能
スプリングギミックで右腕にマシンガン展開
軍事合体(しない)兵士
多少惜しい部分はあるものの、可動範囲は広く、
軍事兵器的な無骨なスタイルは、それだけでカッコイイ!!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月19日 (月)

・・・・・・・・・。 (゜Д ゜;)


まあ、“ついで落札” にしては、高い買い物ですが・・・ > $59.00


  なにこのド派手な色



デストロン コンバットロン (コンバッティコン/G2ブルーティカス)
/Decepticon Combaticon (G2 Bruticus)


えーと、迷彩ってさぁ・・・  敵から身を隠・・・  ま、いいや・・・


というわけで、1990年に市場展開を一旦終了したアメリカですが、
1992年末からジェネレーション2(G2)として再開します

そのほとんどが1991年からのヨーロッパ展開商品も含む、1984年以降のG1のリペで、
ご覧の通り、このコンバッティコンも1986年のブルーティカスのリペイント


多くのG2商品の色使いは独特で、
KB Toysの限定商品(マシーンウォーズ)以外は、概ね物凄く極彩色です



左から
    ブロウル/Brawl
    ブレストオフ/Blast Off
    オンスロート/Onslaught
    ボルター/Vortex
    スィンドル/Swindle

というわけで、G1コンバットロンと同じメンバーです

プロフィールもG1と同じですが、テックスペックのほうが若干異なり、
オンスロートの火力と勇気が8から8.5、スィンドルの知力が9から8、
ボルターに至っては、
体力:4→9/知力:9→6/速度:6→7/耐久力:5→4
地位:6→3/勇気:7→5/火力:7→4/技能:8→4  ・・・別人?(^^;


オンスロートにはこのようなスプリングギミックの武器が付属



ブレストオフの武器が欠品・・・ 残念!


    てゆか、  早く普通のブルーティカスが欲しい・・・ OTZ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

(ノ゚Д゚)ノ バンザーイ!!


以前、出品者の手違いで違うバージョンが届いちゃったアレ、
今度こそ入手できました!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙



ウォルマート限定/Wal‐Mart Exclusive

デストロン ルイネーション
(該当役職不明)/Decepticon Ruination (n/a)


日本ではトイズドリームプロジェクト限定で発売されました
海外オクで$32.20で落札、送料等込みで4600円ぐらいでした


都市迷彩で統一された兵器軍団!

カッコイイ!! ・・・(*´Д`)人(´Д`*)ハァハァ



左から
    アーマーハイド/Armorhide
    ムーバー/Movor
    メガオクトーン/Mega-Octane
    ローター/Ro-Tor
    ロールバー/Rollbar


つまり、前回のルイネーション と同名です
同一人物設定なのかどうかは不明

 

すごく落ち着いたカラーリングで、カッコよさ200%!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月17日 (土)

今日の主役はこのイケメン、スタースクリームだ!

 
無駄に作画が良い(笑) 特に戦闘シーン


トランスフォーマー アニメイテッド」 第3話 オールスパークの秘密


そういえば、本編がずいぶんカットされてるんですよね・・・

第1話の時に、メガトロンを陥れたスタスクがニューリーダー宣言して
他のディセプティコンが 「だめだこりゃ」 って離散するシーンがスッカリ抜けてるので、
今回、スタスクが単独で突然現れるのがやや不自然な感じ

気にしなければ気にならないのかもしれませんが、
あの小芝居のせいでカットされたんなら、先生怒るぞ!
本気と書いてマジで怒るぞ!


ちなみに玩具は超オススメ


次回はサウンドウェーブ登場の回!
ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

放映順番的には少し先の話を第4話に持ってきてるので、
自然に話が繋がるのか、ちょっとドキドキワクワク (^-^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

Pretender Classic Bumblebee


    ・・・と言われた頃もありました (´・ω・`)ゞ



サイバトロン プリテンダー諜報員 バンブル
/Autobot Pretender Espionag Bumblebee


1989年に発売されたプリテンダーのバンブルです
日本では未発売


プリテンダーというのは “人間や怪物や怪人をロボットに変形させる玩具” という
米国側の無茶なコンセプト要求に対し、日本側が人間などのガワ(モナカ)の中に
小さなトランスフォーマーを内蔵して米国を妥協させたという玩具シリーズで、
米国ではそこそこヒットしましたが、日本では若干(´・ω・`)ショボンヌ・・・


その人間などのガワをプリテンダースーツ/outer shellと言いますが、
今回のバンブルは、そのプリテンダーの中身のみ(アウターシェル無し)で、
イーベイで$21.25で落札しました


ビークルモードはもちろんVWビートル


若干ディフォルメされ、足回りもオフロード仕様で、少し無骨な感じです


武器は屋根に装備できます

チョット微妙(笑)


最初のミニボット版よりも腕の可動範囲が広く、
脚も左右がハッキリしているのでかなり進化してると言えます

まあ動くのは首の上下腕だけなんですけどね・・・


当時は、究極のバンブルビーが出たとも言われたそうですが、
究極は言いすぎだと思いますよ・・・ (^_^;;


というか、顔つきがバンブルビーと言うよりもクリフジャンパー似(笑)

 

進化の系譜・・・ 左より1984年版、今回の1989年版、2007年版

 

ともあれ、プロポーション的に今現在で一番 “究極に近い” バンブルは、
変形!ヘンケイ!(クラシック)オルタニティ版でしょうね・・・ (^^

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

リペイント再販でしたか・・・

旅行合体トラベルガーでググれ・・・

   なるほど! (゚∀゚)


再販のほうが全然カッコイイ!!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

Let's go to play!!

我が家に新たなコンバイナーがやってきた!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

いただきもの
瞬速合体 スーパーヒカリジェット/High-speed combiner Superhikarijet


埼玉県草加市にある

株式会社 ウイング・・・

 

以前紹介した、ケンセツオーの会社の製品です

職場のTF同志からの箱根土産です (^-^)ノシ ありがとお~

・・・って、やっぱりそんな場所での販売ですか(笑)

 

スーパージェット
ジェット
翼に “日の丸” と “JP-1” の文字が描かれ、
なんだか一般旅客機じゃない印象の大型ジェット機


スーパーヒカリ
ひかり号
300系っぽい新幹線っぽい列車


スーパーコスモ
?
うーん、なんだろ? E231系っぽいナニカ?
このように1車両ずつパッケージングされてますが・・・

車両先頭部分を反転させると連結が可能です
連結
ちなみに、車両後部同士の連結は不可能なんですが・・・

スーパーヒカリと連結は可能で、
スーパー連結
何パターンか組み合わせることが出来ます
順番にあまり意味は無いですけど・・・ (^^;


それでは・・・・・・


  ユナーーイト!!


瞬速合体!
スーパーヒカリスーパーコスモスーパージェットが変形合体!


  ギゴガゴゴ・・・


ロボットモード
厳密に言うとスーパーコスモは変形してませんけどね(^^;;


アタマ、丸っ
パッケ絵に偽りアリ! ツノが無くてチョットしょんぼり(笑)


大きさ的にはこんな感じです
巨大ロボ?
ミニボットより二回り大きいヤツラが五体合体って感じ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

風邪

金曜日、職場で体調が急変して
昨日寝込んで、今日夜になっても治らない・・・ 

ちょっと本気でヤバイ・・・ (´×ω×`)


三週連続で土日に寝込みましたが、今回はマジでヤバイ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「トラアニ」 でよかとじゃなかか?

ちょっと萌え系なタイトルですね ('A`)

 


トランスフォーマー アニメイテッド」 第2話 英雄、その名はオートボット


あいかわらずあの小芝居がイラッっとします
もっとチビッコに買わせるための玩具販促的な集中紹介ものか、
キャラクターをもっと掘り下げる 「大怪獣バトルファイル」 的なものならなぁ・・・


   まあ、それはさておき


オートボットたちが地球モードになる話
んで、人間を助けて友好を結ぶ話


物語の中で瀕死のプロールを前にしたラチェットの台詞の
“オールスパークに加わる” が一瞬なんのことだか判らなかったです・・・

要はスパーク(魂)はオールスパークから生まれて、オールスパークに還るという、
ビーストウォーズでライノックスが語った台詞(原語版)なんですけど、
たぶんそういう事を言ってるってことでOK?


実写映画ではオールスパークがTFを生み出すシーンはあるけど、
そこまで具体的に語られなかったので、
過去にそんな設定があったこと自体、スッカリ忘れてました(^^;

 

黄金(きん)のオーラに命が燃える~♪
・・・って曲が音仏家でかかったんですが

   せめてTF関連の曲を使おうよ・・・ ('A`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 3日 (土)

「オプティマス・プライムってさぁ、長くない? (´・ω・`)」

 
「コンボイでいいじゃん! (゚∀゚)(CV:岸尾だいすけ)

 
      ・・・でフイタ。 (≧∇≦)ノ あはははは・・・

 


トランスフォーマー アニメイテッド」 第1話 新章!トランスフォーマー

どうでもいいけど、ウチの環境だけなのかな・・・?
公式サイトの左端が見切れるんですけど


さて、原語版原理主義・・・というか、アンチ日本版ビーストの人たちからは
非難轟々でしたが、個人的にはむしろOK

始まってすぐ、中の人達のパロというのはある意味スゴイですけど・・・(^-^;


    てゆか


永椎あゆ美 柚木涼香、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ッシャ!

当然ですが、ブラックアラクニアの声のイメージに全然ぴったり!


オープニングアニメが完全新規なのは驚きましたが、通天閣はもっと驚いた(笑)
なにゆえ大阪・・・(^^;;


男性声優に関しては腐女子大喜びなキャスティングが多いのに、
女性声優に関してはTFファンサービス的な感じ
・・・新規男性ファンを獲得する気が無いのか? 意味不明(笑)


あとラチェットが鹿児島弁っぽい変な方言だったなぁ・・・


これからもいろいろ楽しみですが、とりあえず・・・


   実写の小芝居が要らない ('A`)


 


んで、玩具
リーダー
欲しいのは粗方既に海外版で持っているのですが、
現在発表されてる4月までのラインナップでは・・・

ブリッツウイングアーシーは持ってないので買います

オプティマスサウンドウェーブは日本版が綺麗なので買い直す予定で、
ピカピカ過ぎるとやや不評のアイアンハイドは逆に欲しい気がして悩み中(笑)


そんなかんじ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »