« The least likely can be the most dangerous. | トップページ | Victory lies in the conquest of unknown mysteries. »

2010年3月18日 (木)

最も小さい者が最も危険な存在になれるんだ

バンブルビー&クリフジャンパー


クリフとバンブルの玩具は構造がよく似ています


故意なのかミスなのか、諸説紛々なのですが、
赤いバンブル黄色いクリフという、色が真逆なエラー商品が存在し、
レッドバンブル、イエロークリフと呼ばれています

色々言われてますが、
単に2つのバージョンが販売されていただけというのが有力説

尚、これらの色違いは日本ではレアですが、
海外オクではそこそこ頻繁に出品されており、
通常のバンブルやクリフの価格の 1.5~2倍ほどが相場です


ちなみに、少し前にこんなものを入手しました
ヤフオクで “古い玩具” として出品されてました・・・
フォルクスヴァーゲン
一見、赤いバンブルですが・・・


西ドイツ
実は、トランスフォーマーではありません

 

送料込みで870円で入手
赤バンブルではない
ミクロマン ミクロロボットCAR フォルクスワーゲン(赤)
/Microman Microrobot-Car Volkswagen (red version)


当時モノの初代バンブルと同型の金型で作られてます
兄弟

唯一異なるのは足の裏の刻印ぐらいです
刻印


 

バンブル/クリフには、赤バンブルや黄クリフとは別に、
もうひとつ謎のバージョンが存在します

その名もバンブルジャンパー(Bumblejunper)と呼ばれるもので、
ワーゲンビートルでも、924ターボでもなく、マツダファミリア(MAZDA 323)で、
バンブル/クリフのパッケージに封入されたレア品です

ちなみにトランスフォーマーのミニボットにはファミリアはラインナップされてません

お察しの通り、ミクロロボットからの流用またはミスパッケージング?ですが、
いまこれが欲しくてたまらないのです・・・

    まあ、高嶺の花ですけどねー(^^;;


尚、バンブルジャンパーは後年、設定が与えられ
バンパー/Bumperという正式なトランスフォーマーの一員になりましたとさ

|

« The least likely can be the most dangerous. | トップページ | Victory lies in the conquest of unknown mysteries. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28928/47839121

この記事へのトラックバック一覧です: 最も小さい者が最も危険な存在になれるんだ:

« The least likely can be the most dangerous. | トップページ | Victory lies in the conquest of unknown mysteries. »