« 復旧。 | トップページ | 家に帰っても仕事・・・ »

2010年1月23日 (土)

To know your own limits, you must first know your foe's limits.

煮えたぎった赤い血を解き放て
 誰も君を止められない!!


♪最後の時を燃やし尽くせーー!!

     ブラジオォォォーーーン!!!


ハイ!その歌、ブラジオンじゃなくてグラヴィオン・・・

ポージング中、腰サイドがポロリするたびイラッとするのは内緒だ!

 


というわけで、ムービーN.E.S.T.シリーズ・・・
ガンダムで言うと、MSVシリーズみたいなもんですが・・・

前
デストロン 電撃兵士 ブラジオン
/Decepticon Electric warrior Bludgeon


       今朝届きました!! ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


パーフェクトガイド(と称するミニチラシ本)とステッカーが付属します

そのパーフェクトガイド(笑)に書かれたストーリーからすると、
ディセプティコン 落ち武者 ブラジオン と紹介すべきなんでしょうが、
まあ、ここではあえて、G1風に・・・(^^

 

元ネタは1989年発売のプリテンダー電撃兵士ブラジオンです

プリテンダーというのは人間(等)の皮(アウターシェル)を被ったTFで、
ブラジオンは髑髏武者というアウターシェルの見た目のインパクトが強いためか、
みんなの記憶に強烈に残っている存在です

アウターシェルを着用した姿で描かれることがほとんどですが、
実際はその中の、“戦車に変形するロボットがブラジオンの本体

・・・・・・という明確な設定は実はありませんけど、グリムロックやスタスク等、
アニメ版キャラのプリテンダー準拠で考えるとそんな感じでしょうか?

ただ、脱いだ皮と行動を一緒にしたり、皮が本体と変形合体したり、
そんな人たちもいるので、一概にそうとも言い切れないんですけどね


後ろ


ブラジオン自体は、
非情で感情を持たない、セイバートロンの格闘技 “メタリカトー” の使い手
マーベルコミックでは、ユニクロンとの戦いでのメガザラック(Scorponok)の死亡後、
デストロン軍団のリーダーとして活躍します

その見た目や、コミックでの絵的な扱いは、よくネタにされますが、
あらすじやキャラ設定はカッコイイです

 

んで、今回のブラジオンはプリテンダーブラジオンとは関係ない別人ですが、
戦車から武者へ” というツボを突いたアイテムという事で話題になっていました

武者

あぁ・・・・・・ 刀ってカッコイイなぁ・・・・・・


両手持ち
背中の砲身と、砲塔内部の鞘に大小の刀が収納されています

アーマーに装着
刀は腰脇に差す事も可能

 

ビークルモードも和風!!!
「ガメラ2 レギオン襲来」で大活躍!!
陸上自衛隊 90式戦車(Type-90 tank)に変形!!

第3世代主力戦車

砲塔や重機関銃は基部回転の可動をします
怪獣を迎え撃て!

 

肩の変形機構を活かせば、こんなポーズも可能!
上段の構え

ぐはぁ! カッコ良すぎる!!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

格闘技
腰のロックもはずせば、もっと可動が広がる!
しかも、そんなに不安定なことにはなりませんよ!!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


 

|

« 復旧。 | トップページ | 家に帰っても仕事・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28928/47368353

この記事へのトラックバック一覧です: To know your own limits, you must first know your foe's limits.:

« 復旧。 | トップページ | 家に帰っても仕事・・・ »