« The Maximals and I have no choice but to stop Megatron and his Predacon minions before they destroy us all! | トップページ | (´×ω×`) 今日一日、寝込みうどん »

2009年12月12日 (土)

Sow panic and surrender will bloom!

Hey! Nobody calls Soundwave "uncharismatic"!
Yeah! Let's kick tailgate!

カセットロン
「サウンドウェーブの悪口を言う奴にゃ、俺たちが相手だ!」
「あぁ、かかってきな!このポンコツのサビ野郎!」

 

まさかの復刻! ヾ(o゚ω゚o)ノ゙

 

大・復・刻!
デストロン カセットロン 特殊破壊兵 フレンジー
/Decepticon Cassette Communications Warrior Frenzy
(左)
デストロン カセットロン 特殊破壊兵 ランブル
/Decepticon Cassette Communications Demolitions Rumble
(右)


アニメの原語版では名称が逆で、赤がフレンジー、青がランブルで呼ばれています
別に彩色ミスではありません(笑)

元々、オリジナルである玩具、アニメ日本版吹き替え、当時のマーベルコミック、
近年のドリームウェーブやIDWのコミックなどは青がフレンジー、赤がランブルです
オルタ
なので、↑最近発売されたオルタのランブルはちゃんと赤

まあそんなこんなで、余程のファンでない限り、海外では今でも
赤がフレンジー、青がランブルという具合に認識している人が多くいるようです

 

というわけで、フレンジータイプのカセットロン、まさかの復刻です

さて、何が “まさか” なのかというと、
実は長年、金型が既に失われてるという情報が出回っており、
オークションや、運良ければ中古ショップに出回る当時品は、
不完全なものや壊れているものでも、一体が$20~30、
完全品、しかも美品となると、一時は$100を超えるのも珍しくない相場でした

実際、本当に金型は無かったらしく・・・


  今回のは 新規金型!


世界相手の玩具じゃないと、
しかも当時品が今でも愛されてないと、こうはいかなかったかと思います
アジア人気のみ、しかも古い商品は馬鹿にされる傾向のあるガ●ダムじゃ到底無理

いや、単にタカラトミーが無謀(褒め言葉)なだけかもしれませんが(笑)
この調子でレーザーウェーブを! 是非!! m(_ _)m

 

カセットに変形
メッキの武器は余剰パーツ
デストロンマークとシークレットエンブレム以外はすべてタンポ印刷

サウンドウェーブの胸に収納
イジェーーークト


実は私、このフレンジー型に触ったのは今回が初めて
クリック関節
意外と動くことにビックリしました!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙


後姿


実は今回、珍しい復刻になったのは
フレンジー/ランブルだけではありませんが、それは次回 (`・ω・´)ノ

 

|

« The Maximals and I have no choice but to stop Megatron and his Predacon minions before they destroy us all! | トップページ | (´×ω×`) 今日一日、寝込みうどん »

コメント

おぉ意外と動くんですね(゚0゚)

写真でしか見たこと無いから

てっきり可動はしないものかと・・・

これは地元のザらスに急行だなw

投稿: マッキー | 2009年12月12日 (土) 18:21

ただし、ひざを曲げると立たせるのが大変です
多少カメラアングルで頑張ってます(笑)

コツは股間、フトモモ、ヒザの関節部分を
半クリックだけ可動させれば画像のようなポーズも可能かと


銃がメッキの厚みのせいか、多少はめ辛いかも

投稿: ぽぴたん | 2009年12月12日 (土) 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28928/47000703

この記事へのトラックバック一覧です: Sow panic and surrender will bloom!:

« The Maximals and I have no choice but to stop Megatron and his Predacon minions before they destroy us all! | トップページ | (´×ω×`) 今日一日、寝込みうどん »