« We can take the Decepticons anytime, anywhere! | トップページ | We bring light to the darkness. »

2009年11月 9日 (月)

I will give the public peace and desire.

 

サイバトロン グラインドコア/Autobot Grindcore


ウォルマート限定商品で、2007年ムービーラインとして、2008年に発売


まあ見ての通り、ガードシェル(英名:Landmine)のリペ商品です

サイバトイロン 極地戦闘士 ガードシェル/Autobot Aggressor Landmine


ビークルモード

建機TFではおなじみのビルドロンチックな黄緑カラー!


モチーフはシックスビルダーのクラッシュブル1992年版2003年版)で、
名前はアメコミ(「Dead Universe」)に登場するキャラ(リンク先右端)らしいのですが
これといった元ネタがハッキリとしないキャラクターです

先日のジョルトといい、ビッグダディといい、誰得なマイクロTFのリメイク・・・
こんなマイナーなキャラ引用で、ウォルマートは売る気があるのか?(笑)


    いや、むしろグッジョブ?


バケットは可動

デラックスクラスのTF1体なら、アームがヘタる事なく余裕で持ち上げられます

ただし、本体が重さに耐え切れず前に倒れるので、
後ろを押さえてあげないといけませんけどー


キーをイグニッションして回すとタイヤからブレードが展開

さらにこのタイヤは内蔵ホイールギヤで2つが連動して回ります

露出しているホイール、または片方のタイヤを回すと連動する仕組み

 


可動箇所も多くて広いので、いい感じにポージングが決まりますが、
こんなのに限って一番カッコイイのが素立ちポーズとは、これ如何に・・・(^_^;


    この広い可動、固い関節という特性のため・・・


ロボットモードよりもビークルモードの謎変形のほうが決まりすぎて困る(笑)

このほかにも多彩な謎ビークルが・・・(笑)
 

|

« We can take the Decepticons anytime, anywhere! | トップページ | We bring light to the darkness. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28928/46707181

この記事へのトラックバック一覧です: I will give the public peace and desire.:

« We can take the Decepticons anytime, anywhere! | トップページ | We bring light to the darkness. »