« 「この猟犬のような鼻が奴等が近いことを嗅ぎつけたぞ」 | トップページ | 「まだ僕には、帰れるところがあるんだ…」 »

2008年12月31日 (水)

「さて、今日のトランスフォーマーは…」(CV:政宗一成)

 
今回は変り種的なモノを…

 

Playskool (ハズブロ社の幼児向けブランド)
Big Adventures Transformers
プロール
Prowl-Bot


ポリスカー
サイバトロン戦略家・プロール と同じ名前のポリスカーロボットです


日本でも 「キッズトランスフォーマー レスキューヒーロー ゴーボッツ」
というシリーズで展開し、スミスという名前で発売されました

ちなみに日本版はドア部分のサイバトロンマークが省略されてます


大きさは寸詰まりのバイナルテックといった感じ
大きさ比較


幼児向けなので変形はかんたん!
1-2-3
(1) 車体を前後に引っ張って分割
(2) 車体後部を回すと、連動でボンネットとドアが展開し、頭が出てくる
(3) 両脚を開く


     以上。  ね、かんたんでしょ?


日本ではPlayskoolのこのシリーズにtonka社の 「1-2-3 Transformers」 という
シリーズを加えて 「ゴーボッツ」 というシリーズ構成にしてますが、そこからなのか、
1・2・3のおもしろ変形 というキャッチコピーがついてました

変形させることによる達成感を幼児に与えるという知育玩具という名目ですが、
幼少期にトランスフォーマー収集癖を植えつける洗脳作戦ですね☆^(o≧▽゜)b


このような赤い車もあります
フェラーリ?
Speed-Bot(日本ではテッド

コイツの外装を新規にしたのがProwl-Botですが、
日本展開では後ナンバーになっています

ちなみに日本版はフロントとサイドの黒ライン、ヘッドライトとメッシュの銀塗装が省略、
フォグランプが銀から緑へ変更されてます


違うのは外装だけなので、ロボットモードではほとんど一緒
ランボル
ちなみに俺設定はもちろん(?)サイドスワイプ(ランボル)です


倉庫部屋を整理してたら出てきたのでなんとなく紹介してみましたが
まだまだどこかに眠ってるはず
       ↓
ベック(ブルドーザー)/ポール(F1カー)/J・J(飛行機)/シルバーボルト(J・Jの海外版)


Rescue Roy(ロイ隊長)はしまった場所はわかってるのですが、
掘るのが面倒なので、紹介はまたの機会に(^^;

|

« 「この猟犬のような鼻が奴等が近いことを嗅ぎつけたぞ」 | トップページ | 「まだ僕には、帰れるところがあるんだ…」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28928/43584912

この記事へのトラックバック一覧です: 「さて、今日のトランスフォーマーは…」(CV:政宗一成):

« 「この猟犬のような鼻が奴等が近いことを嗅ぎつけたぞ」 | トップページ | 「まだ僕には、帰れるところがあるんだ…」 »