« 「いよいよ私の地球静止作戦の本当の始まりなのです」 | トップページ | “パンツじゃないから恥ずかしくないもん!” »

2008年8月24日 (日)

「じょ~~だんじゃないよ、お前!」

ネチコマ ネチコマ ネチコマ ネチコマ♪>挨拶


遅ればせながら、観に行ってきました! (`・ω・´)ノ


ギララの逆襲/洞爺湖サミット危機一発
パンフレット表紙

人類滅亡の危機!
   日本映画史上空前のスケールで描く
       本格的特撮怪獣パニック・スペクタクル巨編!


      あー…  ↑ 嘘ですから(笑)


河崎監督って時点で、そんなことは判りきってますから! (≧∇≦)ノ

えーと、まずですね…

   ギララの都市破壊とか、そんなスペクタクルは殆どありません

内容的には唐突に宇宙から飛来したギララの都市破壊から始まって、
一応、ギララを中心に話が進むのですが……いやまあ、なんというか…(笑)

札幌襲撃シーンは旧作のバンクフィルムと、ほんの少しの新録で
あとは場所を山中に移して、ほとんど同じセットの中(笑)


見所は満載の日本特撮パロディ!
対策本部に現れた子供が「目がギララって光ってる」からギララと命名したり
黒部進が演じる防衛軍参謀の無線マイクがどっかで観たことある形だったり
………

場内の皆さんが同じところでクスクス笑ってて、妙なシンパシー感じたっス!

もう途中で…

  「ラストは電エースが出て来て唐突にギララをやっつける」 とか、
  「美少女がインカムでお願いしてギララを宇宙に返す」 とかでもいいや!

…と思っちゃうぐらいのハチャメチャっぷり!!(≧∇≦)ノ


   んで。

その問題のラスト…

タケ魔人、キタ(゚∀゚)!

しかも登場効果音は 「帰ってきたウル●ラマン」 だよ!

このタケ魔人、戦いの最中…

  「痛ぇ!」 「何しやがる!」 「冗談じゃないよ、お前!」

…とか、喋るのですが、
映像にアフレコしたのではなく、別録りした音声をあててるのでしょうか?
おかげで、どうしても “タケ魔人が喋ってる” ようには聴こえず、
なんだか “タケ魔人の鳴き声” のように聴こえるんですよ!

例えるなら “M78星雲から来た宇宙人” の “デュワッ!” に近い感じ…
狙った効果ならスゴイなぁ…(^-^;

これで、“スーツアクター:北野武” だったら神作品だったのにな! 惜しいっ!!


もちろん、特撮に縁の無い人にも十二分に楽しめる作品になってましたよ?

というか、話自体は “突如現れた宇宙怪獣の脅威” とかそんなんじゃなくて
G8首脳陣が右往左往するブラックなコメディ…でしたので。


意気込んで観に行くと、
えらく肩透かしを食らってしまう超B級作品です!(褒め言葉

「インデペンデンス・デイ」の様な宇宙人大襲来と思いきや「マーズ・アタック」だったり
「プレデター」の様な見えざる者の地球侵略と思いきや「トランスフォーマー」だったり
「スターウォーズ」の様な壮大な宇宙叙事詩と思いきや「スペースボール」だったり、

…そんな感じ。 「平成ガメラ」 みたいなのを期待したら駄目ですよ?


あと、ネタがヤバ過ぎて洒落の通じない人にはオススメできません(笑)
「また中国か!」 とか、「千島列島と南樺太は我が国固有の領土」とか…

   在日外国人大激怒必至! (;^_^A
 
 

音楽がめちゃめちゃカッコイイ!!!!!!
もちろん DVD買うよ!!ヾ(o゚ω゚o)ノ゙
 

|

« 「いよいよ私の地球静止作戦の本当の始まりなのです」 | トップページ | “パンツじゃないから恥ずかしくないもん!” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28928/42253605

この記事へのトラックバック一覧です: 「じょ~~だんじゃないよ、お前!」:

« 「いよいよ私の地球静止作戦の本当の始まりなのです」 | トップページ | “パンツじゃないから恥ずかしくないもん!” »