« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

「おぃ、誰かぁ…なんとかしてくれよぅ~」

戦え!(中略)トランスフォーマー
 
 
ゴールデンウィーク連続特集!
 
今度こそ、地球が地球が大ピンチ!
の巻

#61 破滅の日 パート1 (#11 The Ultimate Doom Part1)


さて、今回突然現れた変なジジイは、
デストロンと手を組んで世界征服を企む悪の天才科学者、Dr.アーカビルだ!

中東で騒ぎを起こし、手薄になったサイバトロン基地をカセットロン部隊が急襲!
スパークプラグを誘拐した!
てゆか、相変わらず無防備すぎるサイバトロン
アーカビルの開発したヒプノチップで奴隷と化すスパークプラグ

その頃、アーカビルの知らないところで巨大スペースブリッジが作られていた
いい仕事するLW

    まあ、それはさておき。

ヒプノチップの効果!
スパークプラグはコンボイのダミーロボットに敵意を剥き出す!
スパークプラグタックル!

   ……まあ、今更ですけど 凄いパワーだ!(笑)


そうとも知らず、誘拐されたスパークプラグを救出にきたサイバトロンの皆さん
…というか、スタスクのベタなコントっぷりに爆笑
8時だヨ全員集合的な

そのままスパークプラグを連れ出すゴングたち……


   ……って、ここ深海ですよ!?


……まあ、ウィトウィッキー親子なら大丈夫か… 頑丈だし。


そんなこんなで洗脳されているスパークプラグの破壊工作によって
防犯ベルは鳴らないわ、武器は使用不能だわで、毎度のごとく壊滅状態!
年中行事
スパイクはスパークプラグの破壊工作に気付き…

…テレトランワンを 修理し ショートさせて防犯システムを作動
チョットかわいいメガさま
…というか、消火剤を浴びて慌てて逃げるデストロン(えーと…

    海中でも大丈夫なのになんで? (´・ω・`?


さて… エネルギーパイロンが完成し、真の目的が語られる…
だまされた
巨大スペースブリッジを開き、地球軌道にセイバートロン星を転送し、
重力異常によって引き起こされる破壊エネルギーを採取しようというもの

   「ワシに死の星の支配者になれというのか!」

アーカビル、だまされてやんの。


また一方、ようやく修理を終えたテレトランワン
毎度味方に壊されるテレトランワン…(; ´Д⊂ヽ
巨大スペースブリッジがセイバートロン星を引き寄せるものと知ったサイバトロンは…

…計画を阻止すべく、スペースブリッジを開く現場へ出動! …したものの
決戦
コンボイ:「今日こそケリをつけるぞ! メガトロン!!」
メガトロン:「こっちには切り札があるのだ! よぉく見ろ!!」

人間の盾… というか、特攻兵。
何故かオッサンだらけ


政宗:「さあ! 戦いだ!!」
 
マイスターの困り顔に失笑
エキサイティング!トランスフォーマー!
 
サイバトロン、フルボッコ!!


そんな中、洗脳から解放されるスパークプラグ…
爽やか笑顔の親子

    …と思いきや。

ポチッとな。
再洗脳完了
再び洗脳され、遂にパイロン1号機のスイッチを入れるスパークプラグ

そしてスカイワープ(?)によって
たぶんスカワ
2号機のスイッチも入れられ…

3号機のスイッチを入れにいくメガトロンはコンボイに阻まれ…
「うおぉぉーー!?」
…てはいないですね(笑)


それでも がんばって押させまいと抵抗するコンボイ!

コンボイ:「どうあってもお前にそのスイッチは押させない!」
メガトロン:「………よし解った!」
メガさま、苦し紛れにナニを言い出すのかな?
メガトロン:「ではワシの代わりにお前が押してセイバートロン星を呼び寄せろ!」
 
コンボイ:「ナニ寝ぼけた事を言ってるんだ!?」

    まあ、至極もっともな反応ですが…

メガトロン:「もし押さなければ、セイバートロン星はバラバラに破壊されるんだぞ!」

    あの、メガさま…? その状況は視聴者しか知らないのですけど…
    というか、レーザーウェーブの報告とは微妙に違いますよ?

コンボイ:「いやまて、セイバートロン星にはいまでも数多くの友人が住んでいる…」

    いやまて… 何の説明もなく、なぜ信じる!? ∑( ̄ロ ̄lll)

え?

メガトロン:「では選ぶがいい!お前の好きなほうをな!」
 
 
政宗:「さあ!どうするコンボイ!?」
 
考え中… あの…考えてますよね?
 



  
ぽちっ♪ 
…とな。
 
∑( ̄ロ ̄lll) 押しやがった!?

 

さあ! 大変な事にっ!!
戦いどころではなくなった!

勝ち誇るメガトロン!!
勝者
 
 
「なんてことだ!?」
コイツのせいで地球が滅亡の危機

てゆかお前のせいだ! (`口´;)
 
 
つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

「バンカラ出動ーーーっ!!」

【急務】
・後輪のタイヤ+タイヤチューブの交換修理見積もり額 > 8000円
・スポーク調整見積もり額 > 2000円

【今後まもなく発生する事態に対しての予防】
・前輪のタイヤ(交換は自分で) > 2000円
・前輪ブレーキシュー(交換は自分で) > 300円
・今回使用して消費したパンク応急修理材 > 300円

    計 12000円程度


あと 2000~5000円 出せば、今までのと同程度のママチャリが買えるな~
…と思い、自転車専門店や、量販店の自転車売り場を物色

結局、ちょっと高めのATBを買っちゃった…
カギとかライトとか泥除けとか、付いてないので追加購入

    うわーん、思わぬ大出費!!! (; ´Д⊂ヽ


前・後輪ともにサスが付いてるんですが、
地面の 進藤 振動が直に伝わってこないので、乗ってて気持ち悪い(笑)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

「とにかくひとまず なによりすなわち」

急にインセクトロンが欲しくなった! アキバ行って探してくるぜ!(`・ω・´)ノ

   …と、意気込んで出かけようとしたら
    自転車がパンクしてる (´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

「地球にI LOVE YOU! 三千院ナギだ!」

その昔…

グンゼ産業株式会社(現・GSIクレオス)より、

    特装機兵ドルバック のプラモシリーズが出てたんです…

どうやら、その金型を青島文化教材社が持っているようで、
このたび、満を持して再販された…


    サイバトロン陸上攻撃指揮官 ロードバスター

           チガウ! ゚д゚)つ)Д`)・∵. うわー

ムゲンランドキャリバー

   これ、4000円もするんだぜ?  当時価格は800円だぜ? ぎゃふん。
 

説明書が当時のままなので、塗装指定色に “ドルブラウン” とか書いてあります


   「ドルバックカラー」なんてもう売ってねーよ! (゜Д ゜;)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

In confusion there is opportunity.

 
   変形!ヘンケイ!トランスフォーマー


今日は 昨日はコレの発売日…
輸送担当
デストロン輸送参謀 アストロトレイン/Decepticon Astrotrain

帰宅して寝てたら宅配でやってきました。 ('A`) 眠いけど遊ぶお


   トランスフォォォーム! 
  

ビークルモード
シャトル
スペースシャトル


   トランスフォォォーム! 

  
ビークルモード その2
つばめ
800系新幹線


…というわけで、
以前にも紹介しましたが三段変形のトリプルチェンジャー!

カラーリングもアニメ準拠カラー! …というより、旧トイの紫バージョンカラー

    あれぇ? ('A`) イメージと違った

てゆか、これ、いいなぁ…
 

クラシックとのツーショット
玩具カラー
旧トイの 「白バージョン」 & 「紫バージョン」 って感じです。

    まあ、これはこれで良いものですけどね。(^-^*


発売日という事で、「アストロトレイン」 での検索で来た人の数が大変な事にっ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

「彼は生きているとも…この世の平和が続く限り…
 我々の心に… 永遠にな…」

 
「戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー」

#58 インカの秘宝 (#9 Fire on the Mountain)


スタスクとサンクラ、今日は鉄材泥棒だ!
鉄筋泥棒
サンクラ:「地球で作られた鋼鉄なんてヤワでとても使えやしねーぜ!」
スタスク:「俺が “大丈夫” と言ったら、大丈夫!」

   うわー スタスクなのでものすごく不安


そして、アンデス山中のインカ帝国の遺跡…
ピラミッドが地球のコアに繋がっている事を突き止めたデストロン
な、なんだってーー!!
ロボットサイズの階段を降りたその先にはクリスタルが祭られていた

スタスクたちが鉄筋を盗んでいたのは、
このクリスタルパワーをエネルギー発射する装置用のフレームを作る為だったのだ!
う○こ
でも一回の試射で銃身が溶けちゃった!

「俺のせいじゃありませんぜ!
      その屑鉄を選んだのはこのサンダークラッカーの奴でして…!」

サンクラ涙目
スタスクが選んだのに……

サンクラ、とんだ冤罪。 (´;ω;`)カワイソス

ベッ●ーに痴漢呼ばわりされ、警察に突き出されたサラリーマン達の気分。


んで、役立たずは留守番させて、メガさま自ら鉄材盗みにお出かけ…

 

一方、北極…

政宗:「皆さんは、前回登場したスカイファイアーの事を憶えておいででしょうか?」

   まあ、そんなにすぐには忘れないですよ…

ホイルジャックとランボルによる発掘
土木担当ランボル
スカイファイアー:「こんなに早く氷の棺桶から開放されるとは思ってもみなかったよ!」


   まったくだ! 前回の “いい話” ブチ壊しだよ!(゜Д ゜;)

 

というわけで
せっかく生き返ったと思ったら、早速戦いに駆り出されるスカファ
輸送係・スカイファイアー
コンボイたちはメガトロンの向かった鉱山の街へ…

スカイファイアーは単身遺跡の調査へ向かうが、ピラミッドでサンクラと遭遇!

サンクラはスカファを利用してスタスクにひとあわ吹かせようとするも、
脳内思考が口からだだ漏れ(笑)で、それをスタスクに聞かれる…
五十歩百歩

 スタースクリーム:「この薄汚ぇ裏切り野郎めが!」


おまえがゆーな。(笑)

 

とまあ、たった1話で復活したスカイファイアーの話

んで、スタッフがサンクラに個性を与えようとした形跡が見える話
結局、比較的没個性キャラで終わるんですけどねー(^^;


今回、全編にわたって射撃シーンが多いサウンドウェーブ…
声波
何故か作画がやたらカッコイイ!(゚∀゚)


セイバートロン星の守備隊長的な役割なのに、
作画ミスや演出ミス等で時々地球に来ているレーザーウェーブですが…
お留守番参謀
今回はレアな銃形態!(゜Д ゜;)

銃を持たないリフレクターに銃撃戦をさせる為に持たせたんでしょうけど…
たった1話なんだから、適当に考えた銃でも持たせりゃいいのに…


倒れこんだメガトロンに乗りかかり、
イキナリ顔面殴打のラッシュを浴びせる残忍大帝アイアンハイド!
振り下ろすように打つべし!
(※ ↑正義の味方です)

 

その他の見どころは、
サイバトロンの発言がことごとく暴言なところかな?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

「Autobots, transform and rollout!」

昨日はコイツが届いたので遊び倒していました!(`・ω・´)ノ

イボンコ
Optimus Prime(Earth Mode)/オプティマス・プライム(地球形態)

サイバートロンモードは私的にイマイチでしたが、
この地球モードはいかにもコンボイっぽくてカッコイイ!!(≧∇≦)ノ


TRANSFORMERS:ANIMATED

ロボット達のアゴが長い事から “アゴメイテッド”(アゴメ) って言われてます(笑)
最初は見た目でなじめなかったのですが…

ストーリーはG1世界のアナザー的設定を基本に
他作品のエッセンスを取り入れたりした感じ? キスぷれとか(笑)

アニメやトイのファンがニヤリとするような演出や設定
見た目に反した大人向けな展開など、意外と見るべき点があるのですが、
いかんせん……

   マイ英語力では半分も楽しめてないんだろうなぁ… ( ̄▽ ̄;

日本でも放映して欲しいよ!


 
ビークルモードは消防車
消防車
あまり消防車には見えませんが(笑)

アニメ本編では消防ユニットを外したトレーラー形態で活躍する事が多いかと
ちょっとだけギャラクシーコンボイ風な形状です


ギゴガゴ
変形開始
消防ユニットを外して、前輪をバンパーごと後輪位置へ折りたたみます

後輪を内側に移動して、前輪を後輪位置でロックし、
脚の構造が秀逸!
フトモモを引き出します

ギミックレバー
背中にあるロックを外すと…

腰パーツがクルクル回転しながら、
上半身パーツの真下に移動する面白いギミック…
ギミック始動
…なのですが、4回に1回は引っ掛かって降りません… (v_v;

腕と頭部を展開すればロボットモード完成!
ロボットモード


余った消防ユニットは…
羽がついてるよ、ネ右一君!
変形させて、背中に素負わせる事が出来ます
(フライトユニット)


後頭部のレバーでバトルモードのマスクを装着可能
ゴリラ
マスクの筋彫りのせいで、よりゴリラっぽくなった(笑)

集光ユニットはやや暗い感じ
ロンパー
瞳のモールドが入ってるのですが、やや倫敦巴里気味… (- -;


消防ユニットはバトルアックスとして…
戦斧
なんと両手持ちが可能!!

同じく消防ユニットがコンボイガンになりますが、
ピストン発射
裏面のゴム蓋を外して水を入れ、銃身のピストン動作で発射!
つまり、水鉄砲

    まあ消防車だしね(笑)


もの凄い可動範囲!
下半身の動きは普通


大きさはボイジャークラスですが、他のオプティマスと比べると大きい!
オプティマスたち
クラシック(ヘケヘケ)よりもふたまわり大きく、実写版より1.5倍太い印象

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

「決着をつけようじゃないか!戦友(とも)よ!」

今回は順番を変更して、第57話…


「戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー」

#57 スカイファイアーの再生 (#7 Fire in the Sky)


真夏、しかも砂漠に雪が降ってきて、みんな大はしゃぎ!
スパイクを驚かすだけのために…
マイスター副官:「君をビックリさせようと待ち構えてたんだよ」

オオゥ… ジャァズ… いつからそこでそうしてたの…?
登場時の パンパカパーン 的なBGMがマヌケで仕方ありません

そして始まる命がけの雪合戦!    超エキサイティング!トランスフォーマー!
サイバトロンってよっぽどヒマなのか…?
手加減なしのバンブルの攻撃! スパイクが普通の人間なら死んでるぜ!?


さて、そんな地球寒冷化
北極
原因はデストロンが北極圏で行っている地球コアからのエネルギー掘削…
ナニゲに地球温暖化を止めてくれている心優しい軍団だ!

なによりもニートなサイバトロンとは違い、デストロンは日夜働いています


   んで。


掘削してると、氷の中から巨大なロボが出てきたわけで…
巨大なアイスマン

政宗:「氷の中に埋もれていた物体!
    それは一見、トランスフォーマーのように見えた…」

だがその正体は、
   バンダイが海外に流した変形玩具・スーパーバルキリーだ!!(えー

アニメでは利権関係でチョット形が違いますが、セイバートロン星の姿という事で脳内補完。


というわけで、この元タカトクトイスのスーパーバルキリースカイファイアーは、
スタスクの親友で、心優しき科学者なのですが…
『破壊大帝』って名乗った!?
衰弱したセイバートロン星を復活させるために日夜努力しているデストロン…
その邪魔をするサイバトロンは敵だ!…とスカイファイアーに教えるメガトロン!

   まあ、嘘は言っていない(笑)


一方、サイバトロンはデストロンの企みに気付き、陸路ではるばる北極まで…
何日かかるんだ?
………………………。

       (゚Д゚;≡;゚д゚) 陸路!?


戦闘中、割れた氷に乗って流されていくウィトウィッキー親子
まったくもって足手まといなのだが…
ポカーン
彼らを助けたのはスカイファイアー…


…にウィトウィッキー親子さらわれてしまったと思ったサイバトロンの皆さん…


「そうだ! いい考えがある…!」

このいい考えが何だったのかは謎。

……………。

この “いい考え” …
デストロンの潜む洞穴の前に着いたら、コンボイ自身も忘れてしまってるらしく、
今回は不発に終わりました。 やれやれ。


     そんなこんなで


デストロンの非道に失望したスカイファイアーはサイバトロンとして戦い、
いい人だ…(; ´Д⊂ヽ

チョットいい話…(; ´Д⊂ヽ
その身を挺して地球を守るのでありました。

司令官… 勝手に殺すなよ…(; ´Д⊂ヽ
「彼は地球と我々を救うために、また氷に戻ったんだ…
  彼は生きているとも…
     この世の平和が続く限り… 我々の心に… 永遠にな…」

   おしまい。


   さて、


なぜ第9話~56話をを飛ばして、57話なのかと疑問に思うかもしれませんが、
別に ヘケヘケ スカイファイアー発売決定記念 とかではありませんよ?

これにはちゃんと理由がありますが、それはまた後日…

第9話レヴューは、あと数回ほどこの流れでレヴューしてからになる予定。
次回、第58話! お楽しみに!


ちなみに今回の第57話は、放映当時は第62話にあたります。
(間に総集編が5話あるため)


メガトロンさえ生まれていない1000万年以上前…
グレートウォー勃発以前の話なのにスタスクがF-15に変形する謎 (笑)
あきらかに設定を忘れてる演出


コンボイの発言のおかげで、(勝手に死んだ事にされて)比較的重い展開となり、
いつものギャグシーンがあまりパッとしない困った話でもありますな(えー

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

「エキサイティング!トランスフォーマー!」(CV:政宗一成)

これ  と  これ、何だろう?

 

素直に考えるとサンダークラッカースカイワープ
サンダークラッカーはボットコン限定、スカイワープはターゲット限定

  限定商品(特にボットコン)は一般売りしないらしいし…

そうすると… サンストーム? 名も無き謎ジェットロン?

  んなワケ無いしな………


というわけで、何らかの逃げ道があってサンクラスカワの商品化実現!
…を期待しつつ、サンストーム幽霊スタスクでも良いなと思った日のこと…
そんな日のこと…

    つか。  もし前者だったなら…

タイミング悪いよ! (´;ω;`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

「バカとナントカは使いようだな…」

メガトロン様? それを言うなら “ナントカとハサミ” では?


「戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー」

政宗一成:「さて今日は、我が地球が大ピンチを迎えることとなるのだ!」


#8 謎の巨大隕石 (#10 War of the Dinobots)


宇宙の彼方から飛来する隕石・チップスター(命名:スパイク/非公式)
アルマゲ丼
このままでは地球に激突する!?

   とりあえずサイバトロン出動!!


…というわけで、よく調べたら隕石は謎のエネルギーの塊だと判明。
『デストロンが狙ってくるに違いない』ので守らねばいけないのだが…

「恰好の番犬がいる!」
ヒドス…
「ダイノボット達だよ!」

この前、『仲間』とか言ってたくせに、『番犬』扱いですかっ!
本人たちの居ない所でこんなこと言う最悪の上司・コンボイ


一方、前回ダイノボットに敗れたメガトロン達は、その弱点を探るため、
サウンドウェーブを偵察に出した


デストロンの情報参謀・サウンドウェーブ
Soundwave
センサーで電子頭脳の波長をキャッチし、
相手の心を読む事が出来る情報のエキスパートが
このサウンドウェーブなのだ!
 
そして右腕には振動ブラスターガンを一門備え、
あっという間に小さなカセットレコーダーにトランスフォームする!

  …と、何故今更ここで政宗さんに詳しく紹介されるのかは謎。


 
そんなこんなで
アルマゲドンの100倍すげぇ感じで隕石は地球に激突(?)
ちっちゃ!?
…というか、比較的軟着陸。

サブタイに詐欺を感じるぐらい小さい隕石なのはさておき、

サウンドウェーブはその隕石の見張りを命じられた 番犬 ダイノボットたちの思考を読み、
彼らの弱点をつかんだ!


「よくやった、サウンドウェーブ…
 これであのダイノボットたちの弱点が判ったぞ!」
メガさま、その言い方はあんまりです…
 
「スラッグは喧嘩好き、グリムロックは傲慢で…

      スラージは馬鹿
 
 
 
   馬鹿。  カタカナで書くと  バカ。

メガさま… その言い方はあんまりです… (´・ω・`)
全員が馬鹿なのに、そう言うとスラージだけが馬鹿みたいじゃないですか…


というわけで、ダイノボットたちを言葉巧みに丸め込み、
コンボイを裏切らせる事に成功するメガトロン


一方、隕石が爆発すると街ひとつぐらい吹っ飛ぶ事が判明し、
隕石のもとに駆けつけたコンボイは、突然ダイノボットたちの攻撃を受ける
「私が誰だか判らないのか!」(高圧的)

「お前たちとは戦いたくない!
 
    だが! 私は逃げる訳にはいかない!
 
 
 「受けてみろぉーーっ!!」

躊躇無く

パワー全開! 殺る気マンマンのコンボイだったが…


パワー負け
 
「おおおぉぉぉーーーっ!?」
 
飼い犬に咬まれた
 
「おぉあっ! うぉーーう!?」
 
もうダメダメ
 
「おおぅ!? ああぁぁーー!?」
 
エキサイティング!トランスフォーマー
 
「おぉっ!? うぉぉぉーーっ!?」
 
 
 
命乞い
敵わないと判ると言葉で説得に回る我らが総司令官…
 
「やめろ!無駄な戦いは…! 仲間じゃないかっ!

    あれだけ攻撃しておいて今更ですが。


    しかし!


「オマエ強くない、弱いリーダー、破壊する!」
フルボッコ
 
「なにぃ!? うわぁぁぁぁーーーっ!?


落ちた

             まあ、そんな話。  因果応報。


新たなダイノボット、スワープスナールが活躍!
ダイノボット勢揃い!
てゆか、そもそもコイツラも本来の目的を忘れて怪獣大戦争に参戦


最後は隕石の大爆発からグリムロックを庇ったコンボイ…
すぐさま逃げようとしたメガトロン…

オレ、グリムロック、どっちが味方か判った…的なオチ。

コンボイ、今度は隕石の爆発を押さえ込もうとしなかった!
コンボイ、少しだけ学習した!…的なオチ。


…というか、冒頭の “地球が大ピンチ” の意味がわかりません。

   隕石に関しては衝突も大したことなく破壊エネルギーも街一個分

強いて言うなら “コンボイが大ピンチを迎えることとなるのだ!” の巻? (´・ω・`)
まあ、おおよそいつも大ピンチですがね…
  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

「ビルドロン部隊、トランスフォーム! 合体!デバスター!」

「トランスフォーマー2」の新キャラクターが明らかに!

スクラッパーボーンクラッシャースカベンジャーミックスマスターフックロング・ハウル
デバステイターといったロボットが初登場するという。

…初登場? ボンクラ、前回出てきたよね?
てゆか、デバステイター… も出たよね?

    しかも二人とも死んだよね?


つか、スクラッパー、ボーンクラッシャー、スカベンジャー、ミックスマスター、フック、ロング・ハウル…
わざわざこの6人を揃えたって事は…

この6体が合体してデバステイター(デバスター)って事じゃん!?

デバステイターを他の6体と別ロボットみたいに言うな。(笑)


まあなんにせよ、(この情報がダミーとかじゃなければ)建設合体が映画で観られるわけですね!?

   玩具も当然出るんですよね!? ヾ( ゜ ▽、゜)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

「ワシは溶岩風呂を楽しんでおったのだぞ!」

今日は 「クラシック ガルバトロン」 の検索で来る人が多いなぁ…

   申し訳ないですが、現時点でここにはありません。

 → 誘導

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「違うね、フレディのは4本だ X-MENのウルヴァリンじゃね?」

今日はずっと探してたんですが、ウルヴァリンが見つかりません… (´・ω・`)

知人がどこかで画像見たって… どこ?
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The deadliest weapon is terror.

というわけで。

没個性的
デストロン航空兵 サンダークラッカー/Decepticon Thundercracker

 【テックスペック】
  体力:■■■■■■■7
  知力:■■■■■■■7
  速度:■■■■■■■■■9
  耐久:■■■■■■■7
  地位:■■■■■5
  勇気:■■■■■5
  火力:■■■■■■■■8
  技能:■■■■■■■7


ビークルモード
色以外の特徴が薄いキャラ

ヘケヘケのスタスクをベースに樹脂染料で本体を染色して
あとはクレオスのミスターカラーで塗り直したりとか

主要可動部分は染色なので、動かしても色が剥がれたりしません happy01


白や赤などの隠ぺい力の弱い色は、元からあった塗装を染色した上から塗ると、
下地色に染み込んだ成分(?)を吸い上げて変色するという事が判明しました。

下地に一度シルバーを塗っても、シルバー自体はなんともないのに
その上に塗ったはずの赤や白はなぜか青く変色するという不思議

おかげで翼のラインが厚塗りに… (; ´Д⊂ヽ
ここは次回の反省点ですな。

 

口元をいじって、「ニヤニヤ顔」 にしてみました
ロボット

元になったスタースクリームと。
ロボット


さあ、お次はスカイワープ

…と思ったのですが、サンクラの合い間に実写版ジャズ(マイスター)の
ゼッケンナンバーを黒く塗ったりとかしてたんですが、
これだけで意外とカッコよくなったので…

      お次はジャズをリペるぞぃ!(`・ω・´)ノ
    司令官ー! さあ掴まってー!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

「もういい! もうたくさんだ! ダイノボットを破壊する!」

「戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー」

#7 ダイノボット誕生 (#8 SOS Dinobots)


紹介しよう! 彼の名はホイルジャック
第1話の蛍光灯泥棒シーンで印象的
サイバトロン最狂のマッドサイエンティストだ!!
ランチァ・ストラトスに変形。

そのあまりにも迷惑な発明の数々は全セイバートロン人に恐れられ、または呆れられ
セイバートロンを制圧したデストロンは、真っ先に彼のラボを閉鎖したという。
前回、チップが開放しちゃったけど。


さてそんな彼の今回の発明は…

ダイノボット

恐竜ロボ
左から スラッグスラージグリムロック

基地の横に埋まってた恐竜の化石に興味を持ったサイバトロンは
その大きさや凶暴さに目をつけ、“これは使える” …と、ホイルジャックが中心となって開発

    が。

“知能が低い” というところまで律儀に再現して作ったため……

自滅の好きなサイバトロン
コミュニケーションがとれず、ダイノボット大暴れ!
エキサイティング! トランスフォーマー!

サイバトロン基地、大・崩・壊!(大爆笑


キレる司令官
 
「もういい! もうたくさんだ!  
   ダイノボットを破壊する!!」

ホイルジャックの嘆願もあって、破壊処分は免れたものの
永久封印されるダイノボットたち


      ちゃーら らーららー♪


いつものように発電所を襲ったデストロン
それをとっちめるべく出動したコンボイ一行は川に落とされ大ピンチ!
落ちる司令官


それを救ったのは…

自己判断でダイノボットの封印を解いたホイルジャック
狂科学者&恐竜ロボ軍団
てゆか、ホイルジャックが一撃でメガトロンを倒したぞ!?


「ものども! メガトロンが敗れ去ったぞ! 
 
  今からこの俺様、スタースクリームがリーダーだ!
 
デストロン軍団! 俺に続けぇ!

vsダイノボッツ
とか言って、直後に一発でやられてますけど(笑)


 
さて、戦い終わって… (CV:政宗一成)

ホイルジャック達の命令違反に対して、コンボイは…

「優秀な人間やマシンにも時にはエラーというものがある…
 ホイルジャックやバンブルに罰を与えるつもりは無い…
 あのダイノボットも同様だ…! 彼らはその価値を証明した!
     
  今日から彼らはサイバトロンの一員だ!

……………。

壊そうとしたクセに(笑)

上手くまとめたようですが、過去、そしてこれからの自分の “エラー” に対しての
予防線を張るあたり、エラーだらけな総司令官のどす黒さを感じざるを得ない(笑)

 
 

【今日の塗りミス】
青コンボイ
手前の真っ青な人、誰?  …手抜きにも限度があります(^^;
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「サンダークラッカーアタックだ!」

>単にランチャーを発射しただけにしか見えず、
  具体的にどういう技(武器)なのかは不明


今日はここまで。
ロボット

ビークル
垂直尾翼の内側は、変形の際に擦れるので手をつけてません

あとは翼と顔の塗り替えで完成予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「コンボイ司令官が爆発する!」

さて、今日の トランスフォーマー は… (CV:政宗一成)

#6 SOS! サイバトロン (#6 Divide and Conquer)


チップのアドバイスの下、対デストロンの兵器工場はフル回転!
…でしたが、
世界一の兵器工場
迎撃能力は低い
本編始まって約1分でデストロンが完全制圧(笑)

スタースクリームやサンダークラッカーが盛んにワープしてますが、
たぶんスカイワープの塗りミスです。 気にしないように…

てゆかそのおかげでスカイワープ、全然活躍していないようにみえます…
(´;ω;`) カワイソス…


一方その頃、デストロンのスペースブリッジの出現場所を探していたコンボイは
チップからの緊急救難信号を受け、兵器工場に駆けつけた!
その時である!

 

「いくぞ! スタースクリーム!!」

 
 
   だが。

 
 「うおっ! おおぅっ!?」

弱っ!
一発も撃つこと無く、逆にスタスクに吹っ飛ばされる我らが司令官!

「今度は俺の番だ! 受けてみろ! コンボイ!!」
「よーし、来いっ! お前に私が倒せるものかッ!」

弱すぎっ!

 「うおっ!? おあぁぁーーーっ!?」

弱すぎるにもほどがあります…(v_v;


そして、はずみで落としたコンボイガンが暴発してコンピューターを直撃! あーあ。
えー?

チップたちを爆発から庇う為に、自らを盾にするコンボイ…

「よぅし!ここは私が…」

 「ぅわあぁぁぁぁーーーっ!?」

チップたちを爆風から護るのではなく、
コンピューターの爆発を身体で封じようとしたら… そりゃ、ね…?

コンボイ、再起不能リタイヤ   To Be Continued ⇒

 

基地に回収されて修理を受けるも、パーツが足りずに虫の息のコンボイ…
またしてもコンドルに…
そこへまんまと侵入したコンドルがトドメのビーム攻撃

「大変だ!司令官は中枢部をやられた!」
「みんな下がれ!早く! コンボイ司令官が爆発する!」

 「うおおおぉぉぉーーー!?」

どかーん
エキサイティング! トランスフォーマー! (≧∇≦)ノ

総司令官、大・爆・発!!(大爆笑

 

…でもまだ生きてる(笑)
ゴキブリ並みの生命力!


というわけで…
コンボイを救うにはパーツが必要なわけですが、
それがあるのはホイルジャックの研究室 しかもセイバートロン星の。

セイバートロンに戻るにはデストロンのスペースブリッジを利用するしか…
でも、それがどこに出現するかは判らない…

「司令官は(バカだから)自分の足で探そうとしたけど、僕ならこれを使うね!」
天才パソオタ
テレトラン1を使って、スペースブリッジの出現位置を割り出すチップ

無能な体力ゴリラとは一味違うところを見せ、前回に続き大活躍である。


デストロンのスペースブリッジでセイバートロン星に到着した一行は
目的の場所、ホイルジャックの研究所へ
スーパー頭脳
デストロンが掛けた電子ロックをあっさりと解除し、またも大活躍のチップ!


謎ジェットロン(サンストーム?)が仕掛けた酸の雨の罠!
次々と倒れるサイバトロンたちを励まし、奮い立たせるチップ…
強靭な肉体
……チップは大丈夫なの? 溶けたりしないの? 


「じゃあみんな!僕が号令を掛けるからね!
    トランスフォーーーム!!

新・総司令官、爆誕!

   もうチップが総司令官でいいよ。(´・ω・`)


そして、またもや怪力スパイク
すごい戦闘力!
マイスターの銃を奪い取り、デストロンと銃撃戦!(えー


修理が終わったコンボイは、パンパカパーン的BGMと共に颯爽と登場!
既に消耗しきっていたメガトロンを、ここぞとばかり容赦なく叩きのめす!
メガさま、がんばれ!(´;ω;`)


堪らず味方に助けを求めるメガトロン…
ニューリーダー
「ひとりで敵と戦う事さえ出来ないお方を
       リーダーとして仰ぐわけにはいかないからなぁ…(・∀・)ニヤニヤ
 
            …となると?
 
  ニューリーダーは当然この俺様!」

やれやれ。(笑)


コンボイの即興技、 『目からビーム』 とか。
にょ


グリグリ…
「メガトロン! どうだ? 降伏するか?」

弱い者には滅法強い、さすが我らが司令官だ!(笑)

 

というわけで、サブタイは 「SOS! サイバトロン」 でしたが、
おおむね 「SOS!コンボイ」 だった …そんな話。

 

【本日の名台詞】
「引き摺り下ろして細切れにしてやるッ!!」 (by アイアンハイド) 
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

「メガトロン様もそれを聴いてヒューズがブッ飛びそうだったってよ!」

ヘケヘケの「スタスク」をリペってる「サンダークラッカー」がいい具合になってきましたよ

ロボマスとの比較。
上

裏

ロボ

明日は羽根と脚を塗ろう。 (`・ω・´)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

「オマエさんに従ってるとロクなことがないよ!」

「戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー」

#5 メガトロンの帰還 (#5 Roll For It)

早速ハジマタ。
「サンダークラッカー! サウンドウェーブ! 俺に続け! 
    デストロンのニューリーダーはこの俺様だ!

スタースクリームの第一声がこれかよ…(笑)

ちなみに、よく見てると判りますが、実はこの場を仕切ってるのは
どちらかというとサウンドウェーブ
さりげなく真ん中に立ってるし


   そして!

「コイツラ、口で言ってもわかりゃしないさ! さぁいくぞ!!」
燃える男の赤いトラクター
いいかげん自分の戦闘力を把握しろよクリフ。

 

というわけで、サブタイから推測すると “メガトロンが地球に帰還する壮大な話
…と思いきや、本編が始まって5分もしないうちにメガさま帰還。


今回の本当の主役は、スパイクの友人チップ
前置きなく突然登場

脚が悪いというキャラ付けの意図がわかりませんが。


スーパーコンピュータ並みの頭脳を持つ彼は
動けなくなったプロールを パソコン通信で ハッキング 援護してデストロンを撃退!
踊れ!踊れlぃ!

デストロンの狙う反物質エネルギーの構造式データの入ったフロッピーの中身を暗記し、
ディスクを処分してデータの秘密を守った!
うわぁ たすけてぇー
…と思いきや、データを知ってるという事でジャガーに誘拐される

    馬鹿と天才は紙一重?


エネルギー奪還の為 チップを救うべく、対策を練るサイバトロン…

「私にいい考えがある!」

失敗フラグ

   ……“いい考え” 出た。 サイバトロンオワタ。 (´・ω・`)


いい考えのおかげで、チップは救出できたものの
肝心の反物質エネルゴンキューブは、まんまとデストロンに持ち去られたうえに
サイバトロンのほぼ全員が病院送り
惨状

特にマイスター、ボッコボコなんですけどっ!?
廃車
オオゥ… ジャァズ…  ((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル…

    これ、ポルシェ935なんだぜ?(笑)


反物質キューブを使い、宇宙最強にパワーアップしたメガトロン!
その銃口から撃ち出すビームはサイバトロンを圧倒!
宇宙最強のワルサーP38
スタースクリーム:
「どうだ! 俺様は無敵なのだ!
  誰ひとり、この俺様を止められやしないぜ! 誰ひとりッ!!」

   ……いや、それアンタじゃなくてメガトロンの力ですから。


結局、勝利の要因となったのはチップ

   司令官のいい考えとは大違いである …の巻。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

「岩の影がメガトロンに見えたもんですから!」

「戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー」

#4 スペースブリッジ作戦 (#4 Transport to Oblivion)


例の血の気の多いトリオから物語は始まります…

「デストロンですッ! 司令官ッッ!!」
「なんだと、クリフ!?」

燃える男の俺の気持ちを知っているのか赤いトラクター
岩の影を敵と誤認し、撃ち狂うクリフ。

  PTSD … 戦争後遺症…?  エキサイティング!トランスフォーマー! ヾ( ゜ ▽、゜)ノ


一方その頃、セイバートロン星では…

400万年も留守番してたレーザーウェーブはようやくメガ様と連絡がとれ、
インターギャラクティックトランスポートシステム(星雲間輸送システム)』 …

    短く言うと 『スペースブリッジ』 を建設し、

もう底を尽きつつあるエネルギーを地球から送ってもらう… 今回はそんな話。
忠臣レーザーウェーブ


  今回も例によってツッコミどころは満載(笑)  覚悟完了?


発電所を襲うデストロン… ですが、制圧方法が回りくどい(笑)
まずディスガイズしたサウンドウェーブが内部に侵入、
突如変形して所員がひるんだ隙に他のメンバーが壁をぶち破り制圧…

最初から全員で襲撃した方が手っ取り早いと思います (`・ω・´)ノ

ミニボットのくせに無謀にもメガトロンに肉弾戦を挑むクリフ!
「この雑魚めが!」
あいかわらず血の気の多い奴である…(v_v;

 

スペースブリッジを偶然発見したバンブルとスパイク
ピーピング

どこのコントだ!?
報告に戻ろうと、こっそり発進… てゆか、バックギア!? (゜Д ゜;)えー!?
(正確にはスリップして落ちたんでしょうけど、どう見てもバック…)

そしてこのあと、(バンブル)と同じ速さで走る超速スパイクが見られるぞ!(笑)

全速力!
 
福本もビックリの俊足だ!

 

捕らわれたスパイク救出に向かうサイバトロン

偽データをインプットされたバンブルの言葉をそのまま信じ、
罠にはまって、洞窟に閉じ込められる一行
洞穴好き
メガトロン:「二度とここから出さんぞ…!」


あのー… メガトロン様?

  あなたたちまで一緒に閉じこもってどうする?

 

さあ戦いだ! (CV:政宗一成)

スタスクのビームを岩のバットで打ち返すマイスター
張本もビックリのバッティング!
バンブル:「やったー!ホームラン!」

     …って、えええええええ!?(゜Д ゜;)


「あぁ…! 足がっ! 足が挟まった!?」
なんだこのグダグダ
突然、戦闘とは全く関係ないところで岩に足を挟まれて
動けなくなってる我らが総司令官…

   まったく世話の焼ける人だ…!! ヽ(`Д´)ノ

それをショボイ回転ノコギリで助ける(?)メガトロン(笑)
もうなにがなんだか(笑) グダグダの戦い… ( ̄▽ ̄;


そして洞窟の入り口を再び開けて脱出するデストロン軍団
振り返りざまに再度、砲撃で洞窟を閉じ…

   「これでコンボイも永久にお終いというわけだ!」

………………。

   “というわけだ”  …じゃないですよ、メガさま! (´Д`;

それ、第3話のコンボイの発想と同じですから!?

 


クライマックスの救出シーンの見どころは
スパイクを縛っているベルトをコンボイガンの超精密射撃で切るという荒業

   危ねーよ! スパイクを殺す気か!?(笑)

 
 

サイバトロンの襲撃でぶちまけられたエネルゴンを慌てて拾いに行ったら誰も手伝いに来てくれず、
更にコンボイたちに撃ち飛ばされて、スペースブリッジでセイバートロン星に転送されちゃうメガさま…
バイバーイ (´・ω・`)ノシ
「うわあああああーーーーッ!?」

   カワイソス… (; ´Д⊂ヽ  せめて誰か一緒に拾いに行ってやれよ…


そして、念願のセイバートロン帰還を果たしたはずなのに、
必ず地球に戻ってみせる! …と、わけのわからない言動で締めくくるメガさま…

星一徹もビックリの信念!
「飛雄馬よ! 栄光の星をつかむのだ!」(CV:加藤精三)
 


まあ、そんな感じ。
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

「はじめましてだ、ご主人!」

仮面のメイドガイ #1 はじめましてだ、ご主人!

メイドさん好きの人にはオススメ!   ゴメン嘘。

ハクオロ様

電柱組の怪人が好きな人にはオススメ(笑)


うをっ!?
あの微妙なバランスの絵のままで動いてる!? (≧∇≦)ノ
(いや、好きですよ? 原作絵)

    …てゆか、初期設定思い出したよ(笑)


原作もそうなんですが、
お色気満載なのに、(個人的には)全然ソッチに気が散らないのがいいですな。
きみある」もそうでしたけど

 
主題歌がエロゲの電波ソングっぽい
…てゆか、
最近エロゲとか縁遠いので、KOTOKOのこっち方向の曲は久しぶりに聴いた気がする


んー なんだろう? 記憶をたどる限り原作通りだけど、
BGMが自己主張しすぎていて、そっちに気が行っちゃう? (^-^;

思いがけないトコロでマイ的にケチがついてますが、
でもまあ、おそらく今期では上位レギュラーかと
 

どうでもいいけど、最近tvkの映りが悪いよ…(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

ヾ( ゜ ▽、゜)ノ 夜ー。

とりあえず復活。(`・ω・´;ノ

昨夜の21時ごろから今夜23時まで、
時々目が覚めましたけど、ほとんど寝てましたよ

ノドの腫れも熱もほとんど大丈夫なのですが、

    頭と身体痛ぇ… ( ̄▽ ̄;  (寝過ぎ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(´×ω×`) 朝ー

だるくて死ぬ。 吐きそう。

熱は下がったけど、トイレ行くのも億劫だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 2日 (水)

「スタースクリーム! 一体何をやっておる! この愚か者めが!!」

「戦え!超ロボット生命体 トランスフォーマー」

#1 地球への道 (#1 More Than Meets the Eye Part1)


  遠い遠い昔のこと、宇宙の彼方にある 『惑星セイバートロン』…
  不思議な生き物だけの住む世界であった…
 
  その住人とは、
  知性と感情を兼ねそろえた巨大なロボット、トランスフォーマー達だ!
 
  彼らは善と悪を代表する二つの派に分かれていた…
 
  が、残忍で暴力的な悪の軍団 『デストロン』 は
  惑星の独裁支配をたくらみ
  平和を愛する 『サイバトロン』 戦士たちに一方的な攻撃を仕掛けた…
 
  そのため、セイバートロン星は一面火の海と化し、
  豊かなエネルギー資源と高度な文明は
  崩壊寸前にまで追い込まれたのだ…
 
  かくしてサイバトロン戦士たちは、
  正義と平和のために敢然と立ち上がったのだ!!
    (by政宗一成


  敢然と立ち上がった!?


敢然と…? (´・ω・`?
蛍光灯泥棒
つか、単なる空き巣狙いです。


    おまわりさーん! ドロボーがいますよー!!

  
デストロンの検問に引っ掛かり、逃走するホイルジャックバンブル
本当に犯罪者の様相を呈してきました(笑)


ホイルジャック:「怪我はないかね!?」
バンブル:「あぁ、大丈夫…」

見つかった
大丈夫って… バンブル、タイヤ取れてんぞ をぃ!


一方サイバトロン基地では、あまりのエネルギー不足に…

プロール:「宇宙探索に出かけては?」
コンボイ:「そうしよう! 早いほうがいい!」(即答)
速っ!?
脳で考える前に脊髄反射のコンボイ思考。 決断速すぎである。


かくして宇宙船で探索に旅立つサイバトロン…
………。
てゆか、デストロンの宇宙船が隣に停泊してましたよ?
しかもすぐ後ろから追尾されてるのに、長い間気付かないのってどうよ?


乗り込んできたデストロンとの白兵戦
左奥と中央にスタースクリームが2人居ます …というのはいつもの事ですが
分身の術
左と右端にサウンドウェーブも2人居ます…
てゆか、入り口付近でも戦っているので、少なくとも3人は居る計算に…

ジェットロンのレギュラー3人と同色、緑や紫のジェットロン(各色数種)、
複数フレンジーや、色違いフレンジー(ひどいのはスタスクカラーとか)、
多い時は7人もいるリフレクター3人衆…

…など、設定が固まっていない初期の話や、作画ミスやら塗りミスによって、
このような現象はこの後も多々あるので気にしてはいけません!
他にも、軍団エンブレムが敵のものだったリとか。


  でも、サウンドウェーブがいっぱい居るのは、ちょっとショック(笑

 

激しい戦いの末、コントロールを失った宇宙船は地球に落下!
全てが機能停止し、400万年がすぎたある日… 

火山の爆発で船のコンピューター・テレトラン1が再起動

サイバトロンの装置なのに先にデストロンを復活させてしまうテレトラン1(笑)
テレトラン1
↑ サンダークラッカー… 両腕と両脚、千切れてるぞ!?
この映像を見ると、「ザ・ムービー」で戦死したといわれるキャラも
実は生きてるような気がする…
てゆか、ホイルジャックは生きてたしな>「トランスフォーマーV」

  ちなみに一番最初に目覚めたのはスカイワープ (ここ試験に出ます)

スカイワープはメガトロンを甦らせ、デストロン軍団は復活!


スタースクリーム:「このミサイル攻撃でお陀仏かもな!」
お手柄スタスク
てゆかそれ、ミサイルじゃなくてビームですから。


メガトロンの制止も聞かず、余計な攻撃でテレトラン1が再々起動、サイバトロン復活!

  
「助かった!」

スタスク、グッジョブ!

 

というわけで、スタスクのお手柄(?)でサイバトロンが復活したのも知らず、
コンボイが死んだキャンペーン中で浮かれているデストロン軍団は
地球脱出の為のエネルギーを集めるべく、まずは基地建設を開始!

メガトロン:「サウンドウェーブ! お前は至急スペースクルーザーの設計にかかれ!
       スタースクリーム! お前は建設用地の整備だ!」

スタースクリーム:「資材はどうするんですか?」
有能な右腕と無能なナンバー2(笑)
メガトロン:「そんな事ぐらい自分で考えろ!!」

スタースクリーム:「おい、何かいい考えはないか?」
他力本願

……って、1秒でいいから自分でも考えろ(笑)


一方、復活したサイバトロン…
やめろジーン!我々は偵察が任務なんだぞ!
クリフ:「デストロンの奴等を2~3人血祭りにあげてきます!」
クリフ:「奇襲攻撃をかけてブッ壊してやろうぜ!」
クリフ:「ファインダーがメガトロンのデッドポイントをキャッチしたんだ!
     一発で仕留めてみせる!!」

  (注:↑正義の味方の台詞です)


逆にハウンドが血祭りな始末
偵察任務なのに、クリフの暴走のせいで同行したハウンド巻き添え涙目
きっと今、デニム曹長の気分

     まったくあの赤いチビは!('A`;)

 

一方、油田基地を襲うデストロン  ウィトウィッキー親子登場。
人間もバカ
「何なんだ!?」 「巨大なロボットだ!」 「みんなで追い払っちまおうぜ!」
 
   「帰れ、帰れぇ!!」

いやお前等、もうちょっと驚くなり、怖がるなりしろよ(笑)


そこに駆けつけたサイバトロン戦士!
浮いてる!
設定が固まっていないので)空を飛んでますが、気にしないでください
4話以降は一部キャラを除き、ほとんど飛びません


コンドルに翻弄されるコンボイ
つつかれる!
ここからコンボイの “対コンドル連敗の歴史” が始まるのだ!(えー

 
 

#2 ルビークリスタルの秘密 (#2 More Than Meets the Eye Part2)

海に落ちたスパイクたちを救助したサイバトロン戦士たち

「司令官ー! どうぞっ!」
一本釣り!
マイスター自慢のワイヤーロープが冴える!


地球を救うのが我々の任務だと、大嘘を吐くコンボイ
オマエラの任務はエネルギーの獲得だろ…

 

そしてあまりにも無用心なサイバトロン本拠地
無人の基地!
みんな外で遊んでる事が多く、スパイは比較的出入り自由だ!(笑)

 

スパイク:「シャーマンダムでなんかあったらしいよ?」
アラビア文字っぽくもあり
てゆか、読めるのかスパイク  …そのウルトラサイン(?)


ダムに駆けつけると、デストロンによって引き起こされた大洪水!
迷惑な溝
“新しく川を掘って水の流れを変える” って…  なんて超展開… (´・ω・`)


コンボイ:「発電所にアタック!」
攻撃開始!
“発電所内のデストロン” じゃなくて “発電所” にアタックですか? (゜Д゜;)

     まあ、絵的にもそんな感じだな(笑)


そしてパチンコ攻撃
「くたばれ!サイバトロン共!!」
なんだこれ? 後にも先にもこれっきりの武器(笑)

 

ボス同士の1対1の対決!
破壊こそが余の悦び!

ダムから叩き落されて、どこまでも流されていく司令官
「をををぉぉーーー!?」

  「うおっ! おおぉぉぉーーー!?」

完全に溺れてます

 
嬉しそうにハンマーをぐるぐる回して、どこまでも飛んでいくメガトロン様
「ウワッハッハッハ…」
別に回転の力を利用して飛んでるわけではありませんよ?


「コンボイ司令ー! さあ、これに掴まってくださいっ!」
溺れるコンボイ、藁をも掴む
マイスター自慢のワイヤーロープが冴える! (2回目)


川底でフレンジーと戦っていたハウンドを助けるスパイク
激流にも負けない
スゲェ力持ちですな…

 
連敗、連敗、また連敗のサイバトロン

リジェ:「暫くはデストロンの事を忘れてスペースクルーザーを修理し
    セイバートロンに帰っては?」

コンボイ:「いや その意見はどうかな…」
敗北主義者は校庭10周の刑
コンボイ:「今こそ勇気が必要な時だ!
      危険を恐れず一丸となって、奴等と戦うのだ!」

   精神論を持ち出してきました ∑(゜Д゜; どこの帝國軍人ですか!?

   こんな上司いやだな 


特にコンボイアイアンハイドクリフの血の気の多さと力押しの考えは、
とても正義の味方とは言い難いので何とかしてください!

そういえば、そんな彼らにお似合いの歌があります!

   Power!Power! Power! 力こそ正義だ
   Fight!Fight!Fight! 戦いこそ使命だ
   ひとが涙を流すなら デストロンサイバトロンは血を流す

その返り血が3人のボディを真っ赤に染めてるわけですね(違
ランボルも実はそうなのか?(違

 

その頃、逆に有能な上司の率いる悪の軍団は、無能な部下が足を引っ張ります
せっかく集めた大量のエネルゴンを勝手に使っちゃったスタスク
「完璧です」…じゃねえよ!(笑)
スタスクに足りないのは上司への報告・連絡・相談(ホウ・レン・ソウ)です

メガトロン:「力はその使い方を知っている者にのみその価値がある!
      お前には使い方がわかっておらん…」

スタースクリーム:「今はそうでも、そのうちわかるかもしれません」

  “そのうち” しかも “かもしれない”

     メガ様の苦労が伝わってきますよ… (; ´Д⊂ヽ

 

デストロンを張り込んでたトレイルブレーカーウィトウィッキー親子
次の襲撃目標がルビークリスタルだという情報を掴んだ!

つーか、スパイごっこ” とか言うな(笑)
というか、このピクニック気分の親子は張り込みに必要か?

   と、思ったのですが…

「無線を使ってください」 …って、
トレイルブレイカーは自分で通信が出来ないという衝撃の事実(笑)
あぁ…それでこの親子が同行したのか…

   …って、そりゃロボットとしてスペック低すぎじゃないか?

 

そんなこんなで、ビルマ(現・ミャンマー)にあるルビークリスタル鉱山
坑道を爆破して、採掘中のデストロンを永久に閉じ込めてしまおう

   ……という作戦

そのための特製爆弾を仕掛けに行くのは………


バンブルと… スパークプラグ・ウィトウィッキー!


      …って!?


  人間に行かせるなよ!

しかもセットしてから爆発まではたったの60秒! …大丈夫ですか??('A`;)

 

というわけで…
 
神風特攻
 
人間爆弾 いざ発進!

 

セット完了して逃げる途中、スカイワープとサンダークラッカーに遭遇
サンクラのキック攻撃でパパさん死んだ!? …と思いきや

  人間って頑丈だね…


コンボイ:「5分経って戻らなければ頼む!」
数字に弱いコンボイ
帰ってこない2人が気掛かりで、自ら現場に向かいローラーを偵察に出すコンボイ…

   てゆか、あの… 司令官…?  5分て…
   爆弾は60秒で爆発するんですよ?

 

   その直後である!
 

カウントゼロ

   「をををををぉぉぉーーー!!?」

どかーーーん

   まばたく宇宙のデスティニーそめてー♪ (゚∀゚)!    つづく(笑)

 
 

#3 地球脱出! (#3 More Than Meets the Eye Part3)

エキサイティング!トランスフォーマー!

どかーーーん

 「おおおおおぉぉぉーーー!!!」


プロール:「司令官! 大丈夫ですか!?」
コンボイ:「ローラーは… 彼は…どうした…?」

ローラーを気遣うコンボイ

偵察車・ローラーはオプティマス・プライムの一部で、
オプティマス・プライム(ロボット)とヘッドクォーターズ(コンテナ)と3体あわせて
真のオプティマス・プライムで、1体のダメージは他の2体へも痛みとして及ぶ…
…という玩具設定ですが、ローラーの状況がわからないという事は
玩具設定はアニメには活かされていないかと思われます

ちなみによく、“変形後にコンテナは何処へ行っちゃうんだ?” って言われますが、
自分でどこかへ避難して、近くに待機してるみたいです
(そのような描写は何回かあります)
作画の途中で突然消える事がほとんどですけど(笑)


閑話休題。

破損状況を診るため、トランスフォームするコンボイ

   トランスフォォォーム!

コンボイ:「もう一息なんだが… ぅ…あぁ…うぅっ……」
う、生まれる…
ギアーズ:「コンボイ司令官!頑張って!もう少しです」
ドラッグ:「そうです!しっかり!」
クリフ:「頑張ってください!」

  生まれたての仔鹿的なコンボイと、
  牛の出産を励ます蓄主的なサイバトロンの皆さん  ひっ・ひっ・ふぅー


出産('A`)? も無事おわり…

コンボイ:「そうだ!バンブルとスパークプラグ…
                   まだあの二人が中にいる!」

   ようやくバンブルとスパークプラグを思い出す司令官

   忘れてんなよ… ('A`)


ともあれ、埋もれたスパークプラグとバンブルは救出されますが…

コンボイ:「これでデストロン達は皆、岩の下に埋もれた…
          今度は我々がエネルギー源を探す番だ!

司令官、ついうっかり本音が!?

 

   これで地球のエネルギーはすべて我々のものだ!

…という喜びも束の間、
メガトロンが融合キャノンで岩盤を吹き飛ばし、いとも簡単にデストロンたちは脱出!
まあ、ですよねー (v_v;

 

「もう我慢でん!」

…と、コンボイの制止も聞かず、咄嗟にデストロンを追うアイアンハイドは、
カラー能力声優スカイワープだけど、なぜか自らをサンダークラッカーと名乗る
謎ジェットロンにあっけなく撃墜される


そして池に浮かぶアイアンハイド
アイアンハイドォォーーー!!

  ぷかーり。


「受け取れよーっ!」
ワイヤー係長
マイスター自慢のワイヤーロープが冴える! (3回目)


「口がきけるだけ、まだ良かったじゃないか…」
(`_´#) 良かったじゃないか…
「あまりみんなに心配をかけるんじゃないぞ…!
 ヒーローになるのも結構だが、その前に怪我をしてしまえば元も子もないだろ…」

コンボイ、怒ってます… 冷たいイヤミが怖いっす…
…((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル…

 

 だが!後に、この言葉がコンボイにとって
  重要な意味を成すと誰が想像し得たであろうか……

 
 

「私にいい考えがある!」

失敗フラグ

ニセのエネルギー基地を作り、デストロンをおびき寄せる作戦!
敗北
騙したはずが…… デストロン軍団は来なかった(笑)
メガトロンが笑いに来ただけ

その隙に本物の基地でエネルギーが奪われてしまいましたよ? 馬鹿だー!

 

もうあとがないサイバトロン…
ついにデストロンと雌雄を決する最終対決の時が来た!

コンボイ:「志願兵による捨て身の特攻作戦を実行する!」
マイスター:「志願者は一歩前へ!」
散り往く桜
工工工工エエエエエエエエェェェェェェェェ(゚Д゚;ノ)ノェェエエエエ工工工!???

ウィトウィッキー親子は何を考えて志願したの!?
バカ? ひょっとしてバカ? …と思ったけど、

  いとも簡単に巨大な岩を持ち上げるスパイクの怪力や、
  コンボイをも薙ぎ倒した爆風サンダークラッカーの一撃にも堪え得る
  スパークプラグの頑丈さなら…

ひょっとしたらデストロンとも互角に戦えるんじゃないかという気も…(ぉ

 


大・乱・戦! 

てゆかコンテナ吹っ飛んだぞ!?
あまり出番のないコンテナの唯一の活躍シーン

大岩をブン投げてスタスクのビーム砲を叩き落すスパイク!
このあと、ストリークに轢かれるビーム砲
スタスク涙目

そして、最弱ともいわれるジャガーにさえやられる我等の総司令官
コンボイ、最弱決定の瞬間である!

全員乗船を確認してから乗り込むメガ様 そこにシビれる! あこがれるゥ!
上司の鑑

コンボイ:「メガトローーーーーーン!!!」


宇宙へ脱出するデストロン!  もういよいよ成す術のないサイバトロン…

…が、我らがコンボイ司令官に名案(いい考え)が浮かんだようです!

 コンボイ:「ランボルはいるか!?」
 ランボル:「はい!」
 コンボイ:「お前のロケットブースターを貸せ!」
 ランボル:「ロケットブースターを…?」
 
 怖いよ
 
 コンボイ:「命令だッ!!」ヽ(`Д´)ノ
 
 ランボル:「ぅ…あぁぁ…はい……」(´;ω;`)


 マイスター:「無茶です司令官!追いつけっこありません!」
 コンボイ:「やれるだけの事はやってみる!」

 

一気に上昇し、デストロンを追うコンボイ!
追撃!


一方その頃…
「サイバトロンめ!この哀れな星、地球で朽ち果てるがよい!!」
さよなら
この言動から察するに、メガトロンは地球に戻ってくる気は無いっぽいです

   バイバーイ もう来るんじゃないぞー (´・ω・`)ノシ


そんな時、コンボイ接近!
キタ!
「後部レーザー砲用意! 撃てーっ!!!」


   ボーン!

   命中
   一発の攻撃も、また反撃も、というか避ける事すらなく
   見事に命中し、落下するコンボイ!!

   アンタ、何しにあがったんだ!?

 

落下
マイスター:「あれは司令官だ! やられたんだ!」
プロール: 「落ちてくるぅ!」


激突

 「おおぅっ おぉ…ぉぉーー!!!」


「動いちゃ駄目です!我々に任せてください!」
「ぅ…ぃやあ… 大丈夫……なんともない……」
「ラチェットに診てもらっては?」
救助
 
「大丈夫だと言ってるだろうがぁっ!」ヽ(`Д´)ノ

逆ギレかよ、この体育会系ゴリラ最悪だな(笑)


そういえばむかし、偉い人が言ってました……

 ヒーローになるのも結構だが、
  その前に怪我をしてしまえば元も子もないだろ
(CV:玄田哲章)

 
 

コンボイ:「リジェはどうした!?」

お次はリジェがこの場から居なくなっている事を目ざとく見つけ
八つ当たりが始まりました… 最悪だな(笑)


一方その頃デストロンは…
「破壊大帝の椅子は俺のものだ!」
ニューリーダーだ!
またなんかいつものが始まっています(笑)

   が。

透明になって侵入していたリジェに気をとられている隙に
メガトロンの一撃がスタスクを蹴散らす…
地球に激突するぅ~~!?
……と同時に宇宙船は落下

   やあ、おかえりー (´・ω・`)ノシ
 

イェェェーーー!!

Yeeeehhh---!!!

かくして、サイバトロンがデストロンを 無意味に引き留めたことによって、
地球での長い(エネルギー争奪の)戦いが始まったのであった!

どっちが勝っても地球のエネルギーが奪われる!?

   喧嘩をするなら他所でやれ!!

 
 
というわけで、1~3話で第1話というか、
第1部 完』 的なストーリー展開になっています。

プロモーション的な要素が強く、設定があやふやで固まっていません
なので、同型ロボが複数出てきたり、謎のロボットもいたりしますし、
飛行能力の無いサイバトロンも平気で飛んでます(^^;

また、第3話ラストのスタースクリームの謀反を描く伏線なのか、
理不尽なぐらいにやたら怒られるスタースクリーム…(^^;;
以降シリーズでの、野心家というよりもむしろ怒られ役としての立ち位置は
このせいで決定してしまったのでは?(笑)


とにかくアメリカ人の脚本センスにはついていけませんよ… (* ̄m ̄)


そんなこんなの 「トランスフォーマー」
興味が沸いた人は、ぜひ観てみてね (斜め視点から)

     んで、オモチャ買ってね。 (`・ω・´)ノ

 
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

(´×ω×`)

31日に投稿したブログが反映されずに、しかも消えてしまい
あまりのショックに寝込んでしまいました。

     ごめん嘘。

単なる風邪です。
金曜日から低空飛行だったのですが、昨日の夕方~今日で撃沈。


とりあえずベッドの中で無料アニメ動画を見る (´×ω×`)ノ

    またあとで感想とか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »