« 「ニュータイプの修羅場が見られるぞ!」 | トップページ | 「例えこの手が離れても 二人がそれを忘れぬ限り…」 »

2007年6月 3日 (日)

「ミクルビーム」

ハヤテのごとく!
#10 世にも微妙なハイデフレ。ゲームは積まずにプレイしろ

   あー 積んでます すみません

   でも、もう1年以上買ってません

 

今回は原作者原案のアニメオリジナル
第8話のザッピングストーリーなのですが、けっこうグダグダ (-_-;

   てゆか、8話と絡ませる必要があったのか? …と問いたい。


作画も… なんか微妙に手抜き感


ゲスト・後藤邑子さんの無駄な使い方とか(笑)
そーれ にゃうーん

観るべき点が無いともいえないのですが…
そこかよ… ゚д゚)つ)Д`)・∵.

まあ、次回に期待。

|

« 「ニュータイプの修羅場が見られるぞ!」 | トップページ | 「例えこの手が離れても 二人がそれを忘れぬ限り…」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28928/15304385

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミクルビーム」:

« 「ニュータイプの修羅場が見られるぞ!」 | トップページ | 「例えこの手が離れても 二人がそれを忘れぬ限り…」 »