« 「瞳を閉じればふっとあの日の青空」 | トップページ | 見つからないんだよ…」 »

2006年8月15日 (火)

かの有名なクラーク先生… 知らないかなぁ~?
 『ボーイズ・ビー・アンバランス!』

昨晩、テレ朝で 劇場版 宇宙戦艦ヤマト を放映してました

放映されてたのは <後編>

唐突に七色星団海戦から始まりました
きっと前日とかに <前編> もあったんでしょーね。 (´・ω:;.:...  ぁあ……

この作品については、劇場で 幻のスターシア死亡エピソードを観ている訳ですが
当時、知人に話しても信じてもらえなかった思い出が今でも甦ったり…


   まあ、それはさておき


昔は劇場に足繁く通ったもので、特に70年代後半はほとんど月イチでした
邦画、洋画問わず、特に特撮映画に関しては無差別に何回も…

  …という感じでしたが、

ここ最近は年に1本観るか観ないかだなー… (´・ω・`)


さて、ここで今日の本題

東映特撮陣が技術の粋を結集し、全世界に贈る 壮大なスペースオペラ!

宇宙からのメッセージ(1978/東映)


…という
「スターウォーズ」 をチープにパクった、内容が 「南総里見八犬伝」
しょんぼり迷作映画はさておき、その同時上映だった作品
 

トラック野郎 突撃一番星(1978/東映)

これがぽぴのトラック野郎の原点…
アッチがしょんぼりだったことも手伝い、ハマってしまいました…

当時はビデオレコーダーデッキなどという高価なものは、あまり普及しておらず、
ソフトも、30分枠テレビアニメが2本収録されて1万数千円とかした時代なので、
テレビで正月とかの深夜に放映される「トラック野郎」を貪り観てましたねー


というわけで、先日から騒いでる通り
WOWOWが全10作品の中から5作品をピックアップして連日放映してるのですが、
日曜に放映された トラック野郎 望郷一番星

    まあいいから、観たことない人は観れ! 泣くから!

宮城県(act:吉川団十郎)が死ぬシーン… 素で泣く (ノД`)
あんこぉ~つばきぃはぁ~♪


 
どう急いでも8時間… 残り5時間しかない…
間に合わなければ2000万の損失…

この暑さでタイヤがバーストすれば、宮城県の二の舞になる

自分が行こうとするカムチャッカ(act:梅宮辰夫)を殴り倒し…

「悪く思うなよ…
 今から嫁さんもらう男を殺すわけにはいかねぇんだ!」

そんな文太兄ぃにあこがれるぅ!
シビれる! (ノД`)


クライマックスの桃さんの爆走シーンと、
それをサポートするトラック仲間の活躍に泣く (ノД`)
もうね、胸がいっぱいになるワケよ…!


このシリーズ、ライバルがピンチに駆けつけるというパターンが多いのですが
本作ではライバルのカムチャッカは無線や電話を使って一番星や
他のトラック仲間に刻一刻と指示を出し、一番星号のサポートをするという展開で
このやりとりが手に汗握る数々の名シーンを生み出しています…


   というわけで、トラック野郎入門用にオススメ! (`・ω・´)ノ

|

« 「瞳を閉じればふっとあの日の青空」 | トップページ | 見つからないんだよ…」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28928/11441883

この記事へのトラックバック一覧です: かの有名なクラーク先生… 知らないかなぁ~?
 『ボーイズ・ビー・アンバランス!』
」:

» 映画好きの徒然なる日々 [映画好きの徒然なる日々]
今まで見た映画やレンタルのちょっと辛口?な、勝手な感想を聞いてやってください。 価値観や環境が違っていても、映画を通じて多くの人と共感しあえたらと思います。 よかったら、みなさんの感想も書き込んでいってください〜。 [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 11:23

« 「瞳を閉じればふっとあの日の青空」 | トップページ | 見つからないんだよ…」 »