« 「千歌音ちゃん… わたし、どうしたらいいのかな…」 | トップページ | フッフッフッ… 心配する事は無い…」 »

2006年1月11日 (水)

間違いなく最強のカードを引き当てた…

Fate/stay night」 #1 始まりの日

さて、各地方での放映がおおかた終わったので、
内容にまで踏み込んだレビューを… 愛知と関西中部はゴメンナサイ

10年前、冬木市で起こった大火――
その裏では 『聖杯戦争』 と呼ばれる闘いが繰り広げられていた――
セイバーvs謎の金ピカ兄ちゃん

  『聖杯戦争』 ――

『マスター』 と呼ばれる魔術師が 『サーヴァント』 という強力な使い魔を使役し、
他の6人を排除し、聖杯と呼ばれる奇跡の宝具を手にするための戦い――

サーヴァントのクラス(役割)は7つ――

 騎士 : セイバー
 槍兵 : ランサー
 弓兵 : アーチャー
 狂戦士 : バーサーカー
 騎兵 : ライダー
 暗殺者 : アサシン
 魔術師 : キャスター

ヒトの英雄や、伝説・空想上の存在等も含む 『英霊』 とも呼べる存在で、
通常の使い魔とは異なり、本来は魔術師が使役できるようなものではなく、
それは魔法使い(※)をもってしても例外ではない

  聖杯の力によって 『例外的』 に契約・使役できる存在――
 
7人の魔術師がそれぞれ、このサーヴァントを使役し
最後の1人になるまで闘うゲームめいた殺し合い――

  ―― それが 『聖杯戦争』

 
そして現在――
魔術師の家系の遠坂凛は 『聖杯戦争』 を生き残るべく
最強のクラスであるセイバーのサーヴァントを呼び出そうとしていた…

しかしそこに召喚されたのは――
アーチャー
「やれやれ… こりゃまた、とんでもないマスターに引き当てられたものだ…」
 
 
主人公・衛宮士郎…
魔術師だった衛宮切嗣よって10年前の大火から救われ、切嗣の養子になり、
そんな義父に憧れて “正義の味方” を目指す少年…

切嗣は既に他界し、大きな屋敷にひとりで住んでいるが、
衛宮家の管理をしてくれている藤村家の娘で、学級担任の藤村大河と、
友人の妹で後輩の間桐桜の2人が士郎の生活の面倒を見ている… 
衛宮士郎


生前の切嗣からは魔術師の才能は無いと言われるが、
たった一つだけ “物の構造を理解する” 能力に優れており、
この力を伸ばし、また維持するために鍛錬を重ねていた…
つまり… 機械とか、どこが壊れてるのかが判るので便利

特殊な力を持ち、人々の役に立ちたいと思いながらも、
平穏な日々を送る士郎…

しかし――
新都で頻発する謎のガス漏れ事故… 残忍な強盗殺人…
予兆

冬木市では何かが起ころうとしていた――


士郎はバイトの帰りに不思議な雰囲気の少女と出会う…
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン
「早く呼び出さないと死んじゃうよ… お兄ちゃん…」


もう一人の主人公・遠坂はアーチャーを従え、夜の街を駆ける…
カコイイ(`・ω・´)ノ
 

あー… 感想です…

冒頭でセイバーの姿を見せちゃうのはどうなんでしょう?
ネタバレになっちゃうので詳しくは書きませんが… むぅ~…(^^;

ちなみにこの冒頭のシーンでセイバーと戦ってる黄金の人の声を
誰が演じてるのか特定できませんでした…(・・; 誰?
関さまにも勇者の人にもクロ高の人にも聴こえる…(vv;


士郎の過去(切嗣とのやりとり)を第1話に持ってきたのは
士郎の性格設定を明確にするためですかね…?
その代償として… まあ、あえて言いませんが…(^^;


尺の関係か、遠坂がカッコよく描かれてます
召喚の際にポカをやってしまい、最強のサーヴァントのセイバーではなく
アーチャーを呼び出してしまったというくだりはサラッと流され、
ついでにアーチャーの事情も完全にすっ飛ばされてましたが、
特に後者は絶対必要な設定なので今後の展開で語られるのかな?


というわけで、
セイバー以外のサーヴァントは既に召喚されてるようで勢ぞろい!
(バーサーカーの姿は直接出てこず、雄叫びだけでしたけど)
あれ? キャスターがいない…のか?

原作知らない人は 「彼等のマスターが誰なのか」 を推測しながら
観るという楽しみがありますかね?
そんなこんなも含め、原作知らないほうが今後の展開に震えられるので、

絶対に予備知識を仕入れない事をオススメしますよ! >原作知らない人


脳内ボイスがそれぞれ山寺宏一、田村ゆかり、堀江由衣だったので、
言峰神父 と 遠坂 と イリヤ の3人の声にまだ違和感が…

あと、桜…
声はいいのだが演技がポワポワしすぎでこれまた違和感…(^^;

  まあ、そのうち慣れるかもね?


(※「月姫」/「Fate」の世界の 『魔法使い』 は全ての魔術師の目指すものであり、
 魔術の術式が “等価交換” であるのに対し、魔法は “何でもアリ” の力を持つ、
 そんな常識を超えた存在であり、世界に現存するのは4人(5人)で…以下略)
 

|

« 「千歌音ちゃん… わたし、どうしたらいいのかな…」 | トップページ | フッフッフッ… 心配する事は無い…」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28928/8104296

この記事へのトラックバック一覧です: 間違いなく最強のカードを引き当てた…」:

« 「千歌音ちゃん… わたし、どうしたらいいのかな…」 | トップページ | フッフッフッ… 心配する事は無い…」 »