« 「悪魔らしいやり方で… 話を聞いてもらうからっ!!」 | トップページ | Das Dritte Reich!」 »

2005年12月 5日 (月)

まほ…

D.C.S.S.
#21 二人の魔法使い
#22 みんなの時間

  『アメリカで大学を飛び級で卒業して教員免許まで持っている』
>さくら
  …という、今更ストーリーには活かされそうにない設定を何故ここで!?


内容的には、これで何度目の説得? …のさくらをアイシアが一蹴!
そして“魔法の桜の樹”を復活させようと連日にわたって魔力を樹に注ぎ込み続けるアイシア!
僕は間違っていない… 間違っているのは… 凱兄ちゃんのほうだぁぁーー!! ブロウクンッ!ファントォーーム!!

…2話を要約するとほぼそれだけ


そのほとんどは“ストーリーがどうとか”ではなく、
アイシアの費やした“長い時間”を表現しているものと思われ…

  そして、アイシアも気付かないところで…
  桜は…


#23 沈黙の夏

夏休みの終わり…
幸せな時間を送っている純一と音夢…

  しかし…

2人の関係を “ただの兄妹” としてしか認識しなくなっていく友人達

「それってちょっと変ですよね?
  朝倉君が音夢さんとペアウォッチだなんて…」
魔法に取り込まれ、雑魚キャラ化したことり…(´・ω・`)

「そりゃ音夢先輩が昭島先生とラブラブになるのは
  美春的には寂しいですけど…」

音夢信者の美春までもが…

2年前、純一と音夢が結ばれたという事実をみんなが忘れていく…

 “桜の樹の魔法” 再び ……


  ――次回へ

|

« 「悪魔らしいやり方で… 話を聞いてもらうからっ!!」 | トップページ | Das Dritte Reich!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28928/7831495

この記事へのトラックバック一覧です: まほ…」:

« 「悪魔らしいやり方で… 話を聞いてもらうからっ!!」 | トップページ | Das Dritte Reich!」 »